移籍情報

ファンソンスが大分トリニータに完全移籍。江坂に続いて主力流出

更新日:

2015シーズンも中心選手として活躍したファンソンスが2016シーズンより、大分トリニータに完全移籍することが発表されました。
契約満了選手に含まれていなかったことから契約延長または契約が残っている選手だったはずなので移籍は非常に残念です。

ソンス移籍

ザスパ公式リリース

引用:【トップチーム】黄 誠秀選手 大分トリニータへ完全移籍のお知らせ

 

 

 

お知らせ

この度、ザスパクサツ群馬に所属のMF19番黄 誠秀選手が、2016シーズンから大分トリニータへ完全移籍することになりましたので、お知らせいたします。

■黄 誠秀(ふぁん そんす)選手プロフィール
【ポジション】MF
【生年月日】1987年7月10日(28歳)
【身長/体重】177cm/73Kg
【出身地】東京都
【経 歴】西東京朝鮮第一初中級学校-東京朝鮮中高級学校-朝鮮大学校-ジュビロ磐田(2010年~2012年)-ザスパクサツ群馬(2013年~2015年)
【出場歴】Jリーグ:98試合/1得点(J1リーグ:0試合/0得点、J2リーグ:98試合/1得点)
天皇杯:4試合/0得点
カップ戦:1試合/0得点
※Jリーグ初出場:2013年3月3日 J2第1節 水戸ホーリーホックvsザスパクサツ群馬@Ksスタ
※Jリーグ初得点:2013年7月27日 J2第26節 ザスパクサツ群馬vsカターレ富山@正田スタ

■黄選手コメント
「この度、新たなチャレンジをするためにチームを去ることになりました。
群馬に来て、たくさんの素晴らしい方々に出会い、サッカー選手としても、人間的にも本当に成長することが出来て感謝の気持ちでいっぱいです。チームを去ることになりますが、陰ながらザスパクサツ群馬を応援させてください。
3年間本当に熱い声援、ありがとうございました!」

戦える選手が一人いなくなる

ソンス

ファンソンスは2013年にジュビロ磐田からザスパクサツ群馬に完全移籍してきました。
ジュビロ磐田では出場機会が無かったが、朝鮮の選手らしいファイティングスピリットあふれるプレーですぐにレギュラーを勝ち取る。

ゴールキーパー以外全てできるんではというくらいのユーティリティー性で主にボランチやセンターバック、トップ下とシステムの中心で活躍しました。
時には闘争心がありすぎてレッドカードをもらう事もありましたが、ひたむきで激しいプレーをサポーターは好きでした。

2015シーズン終盤に出場機会が無くなった時に意味深なツイートしてましたね。
深くは考えたくはないですが、いろいろあったのでしょう。

大分はJ3降格して選手が出ていく中、必要とされて新しい挑戦が魅力的に感じたのかな?
大分トリニータでもきっと活躍できると思いますが頑張って下さい。

2016シーズンは攻撃的な選手が増えたのでボランチで活躍して欲しいと思ったんですけど、大事な戦力を失った・・・

江坂・ソンス・吉濱と2015年の中盤を担った選手が2016年の開幕にいなくなる事態はやばい。

追記:複数年契約のソンスに大分が移籍オファー

【悲報】ザスパMFファンソンス 大分トリニータへ完全移籍 : 群馬サッカーNEWS Gマガ

 

 

 

ザスパ専用マガジンの「Gマガ」でファンソンスの移籍について情報が出ていたので記事を追記します。
詳しい内容については「Gマガ」を読んでもらいたいのですが、ソンスはザスパクサツ群馬と複数年契約(たぶん2年)を結んでいたようです。
そこに突然の大分トリニータからの完全移籍でのオファーがありました。

為田大貴選手がアビスパ福岡へ完全移籍することが原因だと思います。
為田も中盤ならどこでもこなせるMFでしたので、ソンスと重なる部分があります。
その穴を埋めるためのオファーだったと思いますが、大分は2016シーズンはJ3での戦いになるのでリーグとしての魅力はザスパの方があるはずなのですが、それを無にできるくらいの年俸が提示されたのか?
それともザスパの2016シーズンの戦いに魅力が感じられなかったのか?

大分は為田の穴を違約金払ってまで埋める必要があったし、ザスパは違約金を払われたら慰留することが難しいという事と、江坂に続いてクラブには違約金が入ったことは確実です。

黄誠秀

 

サポーターの反応

広告
広告

-移籍情報
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.