2019 J3 第1節 ザスパクサツ群馬VSブラウブリッツ秋田 

2019年3月16日

2019ザスパクサツ群馬VSブラウブリッツ秋田

ザスパ勝負のJ3開幕

ザスパクサツ群馬にとってJ3リーグの2年目が始まった。

布監督にとても2年目のシーズンが始まった。

布監督にとって今年は勝負の年でもある。
昨シーズンから2019年のチーム編成にかかわり、布監督の理想とする選手を獲得することで理想とするサッカーを実現できるからだ。
フロントの頑張りで思い通りの選手編成をした2019年こそ、結果を出さないといけない。

勝負の年なのはザスパクサツ群馬にとっても同じだ。

J3リーグにいるのも2年目となってしまった。
収入面を考えてもこれ以上J3にいるわけにはいかない。
サポーターもこのままの成績を納得してくれるわけもなくJ2昇格は絶対条件だ。

そんな勝負のかかった2019シーズンのスタメンは↑の通りだ。

前評判通りの新加入選手がスタメンに名前を連ねた。
守備陣には残留した久木田紳吾と舩津徹也が入った。

大卒新人の吉田瞬と飯野七聖は嬉しいJリーグデビューとなった。

試合日 2019年3月10日 天気 曇り 13.5℃ 入場者数 3691人

スタメン

青木翔大辻正男

佐藤祥姫野宥弥

光永祐也青木翼飯野七聖

舩津徹也渡辺広大久木田

吉田瞬

 

 

ザスパが強さと弱さを見せた前半

試合開始と共に選手達は躍動した。

姫野・佐藤・青木の中盤が素晴らしく相手の攻撃の芽を積んでいく。
運動量と読みともに高いスキルを持っているようで秋田の中盤はボールロストすることが多かった。

高い位置でボールを取れるので攻撃の組み立ては早い。
両サイドの飯野と光永がサイドを何度となく駆け上がりクロスをあげた。

トップの位置に入った青木翔大のポストプレーは期待以上のものでほとんどを足元に納めて、攻撃の押し上げのスタートになっていた。
中盤までプレスバックしての守備も光り、トップとして完璧に仕事をこなした。

ワクワクが止まらない。

最初の20分があっという間に過ぎていった。

ザスパクサツ群馬にとっていい時間が続いたが、クロスまではいくがゴールまでは遠くて先制することができない。
結果的には後々になってこの時間で先制出来なかったことでゲームをコントロールできなくなった。

青木翔大の遅かった先制ゴール

前半40分に、飯野七聖がサイドをえぐるとクロス。
青木翔大がしっかりとファーで待ち、豪快なヘッドをブラウブリッツ秋田のゴールへと叩き込んだ。
これが嬉しいザスパ移籍後の初ゴールとなった。
青木翔大の身体の強さと高さが生きた素晴らしいゴールだった。
飯野七聖のクロスもコントロールされた素晴らしいものでした。
前半、ペナルティーエリア内の選手と呼吸があったのはこの1場面だけだったのは残念だ。

2019シーズン、布監督は守備よりも攻撃にウエイトを置く方針転換をしたと思う。
2018年が、60:40ならば、2019年は40:60で攻撃のウエイトを置いた。
特にボランチからサイドにかけてスペースを空ける状態が続いた。
両サイドが攻撃的なポジションとればそうなることはわかっているので仕方ないところ。

秋田はしっかりとそこをついてきた。

ボランチと両サイドの間のスペースを上手く使われると3バックもバランスを失い後手にまわってプレスがハマらずにゴール前までの侵入を許した。
それが前半43分すぎ、疑惑の判定へと繋がる。
プレスがこう手になったことで飯野七聖が裏を取られて、ペナルティエリア手前で秋田の選手ともつれるように倒れた。
これがPKの判定となった。

スタンドで見ていても接触したように見えなかった。
その場面がオーロラビジョンに映し出されたことでスタンドは大騒ぎ。
ただそれでPKの判定が覆るわけでもなくブラウブリッツ秋田の同点ゴールで前半は終了した。

高いレベルのシーソーゲーム

前半、攻撃の中心だった青木翔大に対策してくるかなと思ったら変わらずなので青木を中心に攻撃を組み立てる。
変わらずのキープ力はさすがだ。

そして青木翔大の2ゴール目。

左サイドのパス交換から光永祐也がダイレクトでクロス。
一度は弾かれるが、中央で待っていた青木翔大が落ち着いてシュート。
時間もない難しいシュートだったが胸トラップからきれいに決めた。

後半始まってすぐにリードしたザスパクサツ群馬。

ブラウブリッツ秋田が前に出てく中で、辻正男にも決定機があったが追加点は奪えず。

開幕戦の怖さと課題

追加点が奪えない、足が止まりだす苦しい時間帯。

攻守の切り替えの一瞬の隙。
青木翼のパスミスからバランスが崩れて逆サイドがカバーに入ると広大なスペースにブラウブリッツ秋田の選手が走り込んで同点ゴールを押し込んだ。

またしても同点に追いつかれたザスパクサツ群馬。

このタイミングで、布監督は選手交代で流れを変えるチャンスがあったように感じているが、替わったのは青木翼に変えて窪田良だった。
加藤潤也や田中稔也をいれるかな?と思ったんだけどなー

攻撃は上手くいってたから、足が止まった守備の立て直しを考えたのかもしれないけど、ブラウブリッツ秋田も足に来てただろうから田中稔也か加藤潤也を投入して欲しかった。

そのまま試合終了。

ザスパの成長が楽しみになった

2-2の引き分けで勝ち点1のスタートとなった。

試合を通して攻撃が楽しい。

意図されたパスとフリーランニング。
青木翔大のキープからのパス出しやゴール前での脅威はさすがでした。
辻正男も攻守で走り回った。青木翔大の相棒としては良いバランスだ。

中盤の青木翼・姫野宥弥・佐藤祥も素晴らしかった。
ここを突破することは、パスワーク能力の高いブラウブリッツ秋田でも難しかった。
特に良かったのは予測からくる動き出しの速さだ。
相手の攻撃意図をすぐに察知してパスコースをつぶしたり嫌なポジションを取ったりとプレーの前の動作に素晴らしさを感じた。
もちろん球際での強度(インテンシティ)も素晴らしかった。

渡辺広大も期待に違わないJ3では別格の能力示してくれた。
プレーはもちろんだけど後ろからのコーチングはチームに力を与えただろう。

新加入選手を中心だったけど良いところと悪いところが出た試合だったけど、無茶苦茶たのしかった。

開幕戦からこれほどの完成度を見せた年があっただろうか?
これから若い選手達がどれほど成長してくれるか楽しみだ

ブラウブリッツ秋田は決して簡単に勝てるような相手じゃない。
J2昇格を争うであろうクラブなので、この引き分けはこれからのシーズンで意味のあるものになってきそう。

試合を観ない群馬のサッカーファンは損している

ザスパクサツ群馬開幕戦の集客としては3000人台はやや物足りなさを受けた。
J2のころを知っているだけに、やはり寂しさを感じてしまう。
ちなみに2018シーズンは約3800人だった。

2019シーズンからバックスタンドの使用を削減して経費を抑えることになった。
久しぶりのメインスタンド観戦になったけど、メインの方がやはり快適だ。

選手達はワクワクするサッカーをしているので、もっと魅力が伝われば集客に繋がると思う。

2019年はザスパクサツ群馬の試合を見れば楽しめるのは間違いない。
今年観ないのは明らかに損しているともいえる。

  • この記事を書いた人

たかゆき

ザスパクサツ群馬の応援ブログを運営しています。 ザスパクサツ群馬の情報や毎試合のレポートを記事にしています。 ファン歴は、ザスパ草津時代から含めて2002年からです。 関東・JFL・J2・J3と経験してきたので、後はJ1残すのみ。 SNSでも交流したいと思っておりますので良かったらフォローして下さい。

おすすめ記事

1

2019シーズンも選手個別のチャントも多く作成されているので2019年版のチャント集を作りました。 2019シーズンに作られた選手個別のチャントをまとめました。 動画もあるので、しっかりチェックして、 ...

2

ザスパクサツ群馬は2017明治安田生命J2リーグ 第37節・東京ヴェルディ戦で敗れたことで、最終順位が降格圏以内となることが確定した。 ザスパクサツ群馬が2017シーズンであげた勝利数はわずか5勝(第 ...

3

ザスパクサツ群馬の2019シーズンのユニフォームが公式に発表された。 第一印象はすっげぇー変わったな、かっこいいじゃん! いろいろと驚きがあるのでまとめてみた 2019年ユニフォーム変更点ざっくりまと ...

4

明けましておめでとうございます。 2019年も元旦はザスパクサツ群馬の福袋購入から始まりました。 というわけで、2019年もザスパクサツ群馬の福袋を購入してきましたので公開します。 2019年ザスパク ...

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2019 All Rights Reserved.