群馬県サッカー協会長杯で優勝。ザスパクサツ群馬の天皇杯出場が決定

投稿日:

群馬県サッカー協会会長杯優勝

2019年5月11日に、群馬県サッカー協会会長杯決勝を見てきました。

会長杯は、天皇杯の群馬県代表決定戦も兼ねています。
ザスパクサツ群馬がJ3に降格して、天皇杯予選にも出場しなくてはならなくなりました。
2年連続の出場となります。

対戦相手は、群馬県のアマチュア界でトップのチカラがあるtonan前橋です。

結果は3-1の勝利でした。

スコアだけみると快勝ですが、先制されていろいろと難しい試合になってしまいました。

試合日 2019年5月11日 天気 晴れ 28℃ 入場者数 1206人

スタメン

辻正男高澤優也

田中稔也姫野宥弥

金城ジャスティン青木翼

光永祐也渡辺広大舩津徹也久木田

小泉勇人

 

J3はある程度、日程には恵まれているのでスタメンは固定メンバーを含めたフォーメーション。
フォーメーションも4-4-2を試した。

ゴールキーパーの小泉勇人と高澤優也が初スタメン。

その小泉勇人くんが試合開始早々にやらかしちゃうわけです。
相手に詰められてゴールキックを弾かれて先制を許しちゃいました。
あーやっちゃったという感じです。

ここは舩津徹也や渡辺広大が「落ち着け、落ち着け」というジェスチャーでチームを落ち着かせていきます。
渡辺広大の存在はこの試合だけじゃないけど大きいですね。

落ち着きを取り戻し、青木翼がミドルシュートで同点に。
相手ディフェンダーにディフレクションして入ったけど、シュートを打たなくてはゴールは生まれないわけで、良いミドルシュートでした。

青木翼も最近リーグ戦に出てなかったからアピールをしっかりとできました。

畳みかけるように、渡辺広大がセットプレーからヘディングシュートを叩き込む。

セットプレーのゴールは今シーズン少なかったからよかった。
ややtonan前橋の守備がルーズでしたが。

前半のうちにザスパクサツ群馬が逆転。
前半で逆転できたのは、今思うとよかった。

後半はラフプレーが多くなり、荒れる要素あったけど落ち着いてザスパの選手達は対応。

最後は、舩津徹也がダメ押しのヘディングシュートを叩き込んで完勝。

圧倒的にザスパクサツ群馬ペースというわけじゃないけど、うまく試合をコントロールした感じ。

4バックを初めて試合開始から使ったわけだけど、うまくいってたと思う。
サイドで数的優位を作るならば4バックなのかなー

それよりも気になるのが、田中稔也と小泉勇人だろう。

小泉勇人は開始早々のミスとほかにも不安なところもあって、吉田瞬をスタメンから引きずり下ろす存在ではなさそう。
もっとやれると期待してたんだけどなー
でも変わらずイケメンでした。

田中稔也は、うーんポジション難しい選手です。
中盤で使うのは難しいのかなと思ってる。
トップの選手で使うのもほかの選手の絡みあるから難しいですし。

あの走力を守備に戻るために使うのはもったいない。

J3リーグで不調な試合を繰り返す中で、久しぶりの勝利を味わうことができました。

いろいろな変化を加えて、進化をとげるザスパクサツ群馬。
この勝利をきっかけにJ3でも波に乗れるように期待しています。

天皇杯1回戦は、5月25日にホームで、埼玉県代表・東京国際大学との対戦です。

  • この記事を書いた人

たかゆき

ザスパクサツ群馬の応援ブログを運営しています。 ザスパクサツ群馬の情報や毎試合のレポートを記事にしています。 ファン歴は、ザスパ草津時代から含めて2002年からです。 関東・JFL・J2・J3と経験してきたので、後はJ1残すのみ。 SNSでも交流したいと思っておりますので良かったらフォローして下さい。

おすすめ記事

1

ザスパクサツ群馬は2017明治安田生命J2リーグ 第37節・東京ヴェルディ戦で敗れたことで、最終順位が降格圏以内となることが確定した。 ザスパクサツ群馬が2017シーズンであげた勝利数はわずか5勝(第 ...

2

ザスパクサツ群馬の2019シーズンのユニフォームが公式に発表された。 第一印象はすっげぇー変わったな、かっこいいじゃん! いろいろと驚きがあるのでまとめてみた 2019年ユニフォーム変更点ざっくりまと ...

3

明けましておめでとうございます。 2019年も元旦はザスパクサツ群馬の福袋購入から始まりました。 というわけで、2019年もザスパクサツ群馬の福袋を購入してきましたので公開します。 2019年ザスパク ...

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2019 All Rights Reserved.