[ザスパ0-1長野]こんな日もあるさ・・・では済まされない3連敗

投稿日:

ザスパクサツ群馬は正田醬油スタジアムで長野パルセイロと対戦し、0-1で敗れた。

ザスパクサツ群馬は、試合の延期を2試合も経験し、公式戦が2週間ぶりとなりコンディションが整わない中で試合に臨んだ。
ホーム・正田醬油スタジアムでの試合だったこともあり、アグレッシブさを見せたザスパクサツ群馬だったが試合には負けた。

これで延期試合を挟んでの3連敗となり、J2昇格は現状厳しい状態となった。

ここからは長野パルセイロとの試合内容と試合から感じたザスパクサツ群馬の現状について書いていきたいと思います。

高山眼科スペシャルマッチ

長野パルセイロとのホーム戦は、高山眼科院長が話題の高山眼科スペシャルマッチとなっていた。

高山院長の「ザスパ!オー」は、毎年の恒例行事?風物詩といっても良いおなじみのイベントだ。

高山院長は、ザスパクサツ群馬を支えてくれるスポンサー様でもあり、サポーターの一人でもある。
ザスパクサツ群馬に対するその飾らなくてまっすぐな気持ちが試合前のスピーチにも表れている。

ザスパクサツ群馬にとっては本来、高山眼科院長が目立って、試合内容が目立たないことは不本意なこと。
でも残念ながら、サポーターの盛り上がりは試合前にあり、試合は盛り上がるほどの内容ではなかったことは凄く残念だ。

岡田翔平離脱のダメージ

ザスパクサツ群馬は、チームの中心選手でもある岡田翔平を怪我の離脱で失った。

それも今シーズンは絶望という大きな怪我で失ったことはJ2昇格に向けて大きなダメージとなった。

岡田翔平の怪我について

カターレ富山戦で、突然ベンチ外となっていた岡田翔平が、6月28日の練習中に、左膝前十字靭帯断裂と左膝内側側副靭帯損傷で全治8か月の怪我をしていたことが、ザスパクサツ群馬の公式サイトで発表された。 人気 ...

続きを見る

岡田翔平を欠いたここ2試合は攻撃の組み立てと前線からの守備が上手くいかずに、ノーゴールで試合を終えているように、失ったことは大きい。

前線でひいてパスを受けたり、DFラインの裏を狙ったりと相手守備陣を崩す動きも得意とする岡田翔平不在で、前線での変化や動きはほぼなくなり、ボールだけが左右で動く時間が多かった。
ザスパクサツ群馬は前半、ゲームを支配したけど長野パルセイロの攻撃が機能していないこともあったボールを保持できただけで、効果的な攻撃ができていたわけじゃない。

岡田翔平の不在は大きな事だということを証明した試合となった。

さらにパスを繋ぐためのポジショニングが巧みな小林竜樹がベンチに下がると、長野パルセイロ守備陣を崩すことが出来ず、ひたすらクロスを放り込むというプレーに終始した。

未完の大型ストライカー・小牟田洋佑

岡田翔平に代わって、小牟田洋佑にチャンスが舞い込んだ。

小牟田洋佑は、ザスパクサツ群馬に新加入した時から、前橋育英出身の大型ストライカーとして期待されていた。

駒澤大学FW・小牟田洋佑の新加入を発表。即戦力FWに期待

以前から噂に上がっていた駒澤大学・小牟田洋佑選手@komuta_yの新加入発表がザスパクサツ群馬公式サイトで発表されました。 スポンサーリンク 引用: 【トップチーム】小牟田 洋佑選手(駒沢大学)20 ...

続きを見る

これまでの監督達も悩んだ、小牟田洋佑の育成

福島ユナイテッドにレンタル移籍したこともあった。

2018年、ザスパクサツ群馬に復帰して、サポーターやファンは非常に期待した。

でもどうだろうか?

ポストプレーヤーとして、ゴールを期待できるストライカーとして小牟田洋佑は成長しているのだろうか?

3年経った今でも未完の大型ストライカーという感じは否めない。

少ないチャンスで結果を出さなくてはいけない厳しい環境。
小牟田洋佑は布監督の信頼を練習試合で結果を出すことで勝ち取ってきた。

試合の空いた2週間、布監督は小牟田洋佑中心のチーム作りをしっかりしてきた印象はある。
長野パルセイロ戦においても、前半だけでかなりのチャンスを作り出せていた。

前半、ゲームを支配していたのはザスパクサツ群馬。
小牟田に必要なのはゴールをあげることだけだった。

無得点に終わったことは、小牟田にとってゴールを決めなければいけない状態を逃したこと。

小牟田洋佑は未完のままで終わるのか2018年は勝負の年

布監督は、今後も小牟田洋佑を信頼し、成長させる気持ちがあるならば今後もスタメンで使い続けなければならないし、小牟田洋佑の成長を待たなければならない。
これはサポーターも一緒だ。
長野パルセイロ戦で、信頼を失ったのならば、小牟田はベンチを温めるか、練習試合でまた結果を出さなければいけない。

小牟田洋佑が、未完のままで終わるのか、長野パルセイロ戦を含めた2018年が大きなターニングポイントになりそうだ。

This is FootBall

試合の内容に戻りましょう。

前後半を通して試合をコントロールしたザスパクサツ群馬が、なぜ長野パルセイロに負けたのか。

失点は些細なクリアーミスから生まれた。

嫌な感じでコーナーキックを与えると、唯一のシュートから簡単に失点した。

チャンスを逃し続けたチームが些細なミスからワンチャンスで相手チームにゴールを許すことはサッカーではよくある展開。

吉田直矢のミスの多さ

ミスをしたのは吉田直矢だ。

長野パルセイロ戦での吉田はミスが目立った。
それもトラップミスやキックミスといった基本的なプレーの精度を欠いた。
結果として後半56分に鈴木崇文と交代する。
プレー時間は最近では一番短かったように感じる。

ザスパクサツ群馬が試合をコントロールできた要員に吉田直矢のパスカットや積極的なプレッシングがあっただけに残念な結果となった。
風間宏希とのボランチコンビも熟成してきたし、ザスパクサツ群馬の中盤を支えていたと思う。

だからこそ、プレーの質にムラがあったことは残念だ。

J3の泥沼にはまるのか

サッカーしていればこんな試合もあるさなんて余裕はすでにザスパクサツ群馬には無いんです。

シーズンも中盤に来ての3連敗は厳しいです。

ゴールも奪えていない状況でどうしちゃったんでしょ

延期になっている2試合を勝たなくてはJ2昇格も絶望的な状況です。
ただし、連勝できれば勝ち点は+6されるのでまだまだ昇格争いに加われます。

負傷離脱者もでた、新戦力も望めない、そんな状況下ですから今いる選手たちの更なる奮起と結果を求めたい。
120%以上の力を出して欲しい。

このままだとJ3の深い泥沼にどんどんはまっていって簡単には抜け出せなくなります。

長野パルセイロの注目選手

久しぶりに対戦クラブの注目選手をご紹介。

長野パルセイロの背番号23・堂安憂

セレッソユース出身で基本技術は高い。
とにかく動き出しと予備動作が優れている。
無駄のない動きからシュート体制まで行くのが早い。

もし余裕があるならば、来季オファー出して欲しいレベル。
現在22歳で伸びしろも十分。
元ガンバ大阪の堂安律は弟。

 

 

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2018 All Rights Reserved.