[群馬2-1金沢]高橋駿太と舩津徹也の移籍後初ゴールでザスパ連勝&首位キープ

更新日:

開幕戦を勝利したザスパクサツ群馬は、日程に恵まれてホーム戦を連続で戦えるチャンス。
相手は2015年に旋風を巻き起こしたツエーゲン金沢です。
結果は2-1と勝利しJ2首位をキープしました。
難しい試合となりましたが、キャンプで直面した先制しても追いつかれてしまうという課題をしっかりと克服した連勝でした。

スタメンは変わらず

開幕戦からスタメンに変更は無し。
開幕戦で負傷交代して舩津徹也や膝が心配な坪内秀介もスタメンで出場。
上毛新聞で練習で怪我した可能性を伝えられた高瀬もスタメン出場です。

ベンチメンバーには乾とチアゴが抜けて川島將と青木良太が入りました。

娘さんを連れて入場の高橋駿太

選手入場時に娘さんを連れて入場する高橋駿太選手。
この試合活躍するのはこの時点で決まっていたのかもしれません。

小柳が正スタに凱旋

ツエーゲン金沢には2015シーズンまでザスパに在籍した小柳達司が在籍していますがスタメンで出場。

小柳達司がツエーゲン金沢へ完全移籍。群馬から金沢の機動戦士へ

小柳達司

移籍してから初めての正田醤油スタジアムでしたが愛された選手だけに拍手で迎えられました。

金沢には太田康介やトレーナーの香城さんもいます。

前半:守備からしっかりとゴールに結びつけたザスパ

試合開始直後はツエーゲン金沢に押し込まれます。
FWの水永のスピードにやや翻弄されましたが、大勝後の緊張感がザスパクサツ群馬側にあった気がします。
ただ、選手達が負けられないという緊張感を持つことはいいことです。

前半10分を凌ぎ切るとザスパがボールをまわしながら金沢の最終ラインを裏を狙うロングボールが供給され始める。

松下や、坪内から正確なロングボールが供給されることでツエーゲンは次第にラインを下げさせられる。

小牟田を中心に距離感の良い三角形

ザスパのサッカーは非常にシンプル。

小牟田にボールが入る時には前線の選手が近い距離でポジションを作る。
この時、近すぎず遠すぎない距離感をキープ。
さらに3人の選手が三角形を作りながら多様なパスコース作り出す体制をキープします。

ゴールこそない小牟田ですが、攻撃のスタート地点としてしっかりと仕事はこなしています。
ポジション的にゴールをやはり求められてしまいますが、彼の仕事はザスパの攻撃をけん引していると思います。

小牟田には前後半合わせて3度ぐらい、ゴールのチャンスがあったように思えますが、そこで強引にでもシュートに持ち込める強さが身に付けばそんな雑音も消し飛ばせるのではないでしょうか。

高橋駿太の先制ゴール

それは高橋駿太の守備から始まった。
スライディングしてボールを奪うと右サイドの瀬川にパス。
瀬川は緩急を付けながらついてきた金沢の選手を惑わすようにドリブル。
ドリブル技術の高さはスカウティングで金沢の選手も知っていたと思うので飛び込めそうで飛び込めない状況を上手く作った瀬川。
サイドを深くえぐると迷わずファーにクロス。
背後から裏を取っていた高橋駿太がヘディングでゴールを決めました。
高橋駿太はザスパでは初ゴールです。

金沢は中盤でボールを奪われた嫌な状況でしたが、スライドのミス。
左サイドの小柳がサイドで守備せずに中に入りました。
これで金沢DF4枚いましたが、中で待つのは小牟田だけだったので完全に余った状態。
(交代の原因がこれかはわかりませんが小柳は前半で交代)

瀬川はこのおかげでほぼフリーの状態でクロスをあげていましたのファーの高橋にしっかりと合わせられました。

キャンプの時から服部監督が言っていた、守備からの速い攻め。
高橋が奪って、2本のパスでシュートまで持って行ったゴールはチームとしての意思統一がしっかりと出来ている証拠となりました。

瀬川は開幕戦に続いてアシストを記録。

高橋駿太の初ゴール

高橋駿太

清水のスーパーセーブ

失点後のツエーゲン金沢が同点に追いつくべく攻撃の圧力を強めてきた。

空中戦で競り勝つ川岸、守備範囲の広い坪内を中心として守備。
それでもゴール前でFKを取られると水永に決定的なチャンス。

金沢戦の清水のスーパーセーブ

そこは最後の砦、GKの清水慶記が鋭い反応でしっかりとキャッチしました。
開幕戦のFC岐阜では攻められる時間が少なかったこともあり、清水の能力についてはっきりとわからない部分をありました。
このセーブで清水慶記が素晴らしいゴールキーパーであることはわかりました。

インターセプトから迷うことなく舩津のミドルで移籍後初ゴール

ツエーゲン金沢の攻撃をしっかりと守り切った清水のスーパーセーブで流れを呼び戻したザスパクサツ群馬。

舩津が相手陣内でボールを奪うと、寄せが甘いと感じた舩津は迷うことなくドリブルからミドルシュート。
ポストにボールが当たったゴーーンという音と共にゴールに吸い込まれた。

ゴール後喜ぶ舩津

このゴールはスカパーベストゴールにノミネート。

それだけ素晴らしいゴールでしたが、舩津選手がゴール決めるタイプというイメージが無かったので驚きでした。

セットプレーから失点

失点で落胆する

前半終了間際、セットプレー崩れの2次攻撃で守備陣がボールウオッチャーになりました。

水永をフリーにしてしまい、作田に折り返されて1点差に。

小柳のクロスがミスキック気味だったこともあり、清水の反応も遅れました。
それよりもセットプレー崩れの2次攻撃時に守備のマークがルーズになったことは修正したいです。

後半:ツエーゲン金沢の猛攻をしのぎ切る

後半はツエーゲン金沢の時間帯が続いた印象でしたが、ザスパも完全に引いていたわけでは無かったです。

ツエーゲン金沢がハーフタイムでしっかりとザスパの守備の弱点を突くように修正してきました。

サイドの攻防で高橋駿太と瀬川を押し下げることに成功。
2人が守備に帰るシーンが増え始める。
ザスパもまた守備のブロックをしっかり作ることを意識した修正をした結果であって押し込まれている意識はない。

ツエーゲンの連携不足

熊谷アンドリュー、古田寛幸、山崎雅人など攻撃にタレントがそれっていますが、しっかりとしてイメージの共有はまだのような印象。

攻撃のアイディアは素晴らしかったですが、精度はまだまだのようで本当に助かりました。
これがしっかりと仕上がってくると本当に怖い存在になりそうです。
ツエーゲン金沢のシュートは0ですが攻撃され方は前半よりも後半の方が怖かったです。

試合の流れを変える選手の必要性

後半ロスタイムまで服部監督は選手を交代しませんでした。

試合の展開として悪くなかったので交代選手を入れずらかったと思います。
そしてそのまま同点に追いつかれることも無く試合は終了しました。

ただ今後のことも考えると、同点に追いついてくる力のあるクラブもいます。
そんな時、サブの選手で攻撃に新たな力を加えたい所ですがサブメンバーにそういったタイプの選手がいないのが心配です。

そうなってくるとブラジル人のボカやマテウスが早くベンチ入りできる状態になって欲しい気がします。
練習試合にも登場しないのが現状ですが・・・

試合終了:連勝で首位キープ

勝利のガッツポーズの川岸祐輔

試合は、後半こそツエーゲン金沢ペースでしたが、2-1で勝利しました。
厳しい試合でもしっかりと勝ち切った事に意味があります。
最初にも書きましたが、キャンプ中の練習試合では先制しながらも同点に追いつかれた試合を繰り返したので、それを修正できたことに価値があります。

週刊ザスパでも言いましたが、首位を守れるのはザスパだけでしたがしっかりと首位を守りました。

強豪・セレッソ大阪と対戦

次の対戦相手は、同じく連勝したセレッソ大阪。
個々の能力としても、クラブとしても強豪なセレッソ大阪相手に攻撃と守備が通じるのか楽しみです。
1位と2位の対戦という真剣勝負で本気のセレッソ大阪と対戦できる事が嬉しいです。

サポーターが選ぶMOMを投票で

MOMは高橋駿太と舩津

クラブが選んだMOMは舩津徹也と高橋駿太。
高橋選手の顔が隠れちゃった。

サポーター投票で決定

今回は、ザスパLOVERのトップページでサポーターに投票してもらう形でツエーゲン金沢戦でもっとも活躍した選手を選出してもらいました。

ツエーゲン金沢戦MOM投票結果

今回はテストも兼ねて急遽設置しましたが、たくさんのサポーターの皆さんに投票頂きありがとうございました。

ザスパLOVERを見てくれるみなさんと関わりを持つ企画は初めてでしたが、たくさん投票されて嬉しかったです。
正直、0だったらどうしようと不安でした(なので自分でも投票ww)

結果は上の画像をご覧ください。

ゴールをあげた舩津徹也選手や高橋駿太選手が多くの投票を獲得することはわかっていましたが、清水慶記選手が舩津選手つ並んで1位でした。

サポーター投票MOMの清水慶記

試合の流れを変えたスーパーセーブや飛び出しを評価されてだと思いますが、ザスパサポーターの見る目はさすがというか、しっかりしてるんだなと驚きました。
というわけでザスパLOVER的サポーターが選ぶツエーゲン金沢戦のMOMは清水慶記選手とします。

次節以降もサポーター投票を続けていきますのでよろしくお願いします。

サポーターの反応

https://twitter.com/sunflower_1207/status/706409922913632257

広告
広告

-
-, , ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.