J2第6節 ザスパ、平繁不在が響き上位対決でジュビロ磐田に敗戦

更新日:

2014年4月5日。

敵地ヤマハスタジアムに乗り込んでのジュビロ磐田との一戦は2位・ジュビロ、5位ザスパクサツ群馬という上位対決。
試合開始前はファンソンスの磐田凱旋という事で和やかムード。

平繁・瀬川・加藤の離脱

スターティングメンバーに前節までの不動のスターティングメンバーだった平繁龍一・瀬川和樹・加藤弘堅の名前はありませんでした。
平繁は前節・カターレ富山戦で負傷していたのでわかりますが、瀬川・加藤は後の監督コメントで風邪で出場できなかったようです。
磐田への遠征には帯同していたようで、結果的にベンチ入りメンバーも5人となっています。
これは何らかのペナルティがあってもいいくらいなプロとして重大な過失と言ってもいいと思います。
只でさえ戦力的には厳しいのに、これでは試合前からマイナスからのスタートになっています。
平繁に関しては肉離れという事で3~4節の離脱が予想され、代わりに出る選手に頑張ってもらいたいです。

ハードワークでスペースと時間を与えず

ザスパクサツ群馬の入りは素晴らしく前半からハードワーク。
連動したプレスからジュビロ磐田の選手にスペースと時間を与えていませんでした。
特にボールホルダーには必ず誰かがいってボールの出し所を限定して守備。DFラインも高くし、前線からDFラインまでをコンパクトに保ち続けました。
ファンソンスと坂井洋平のWボランチもうまく機能していました。

ただピンチはないわけじゃなく、少しでも時間とスペースを与えるとジュビロのどの選手も確実にシュートまで持っていきます。

3人目の動きあるも決定機にはならず

攻撃面では中盤から細かい繋ぎながら前線までボールを動かしてはいたけれど最後の部分で精度が悪くシュートまではなかなかいけませんでした。
ただサイドバックの二人があがる時間をもらった時の、夛田・小柳はタイミングよくあがりチャンスを作れてはいましたがここも精度の問題。
アタッキングサードの精度に関しては昨年から言われていますがまだまだあがっていません。
FWのダニエルロビーニョに関しては松本山雅との練習試合でも感じた周りとの連携はあまりよくもないしシュートの精度も問題ありです。
パンチ力はあるんですが怖さはないですね。

セットプレーから失点

後半開始後、これも昨年からの課題であったセットプレーから失点しまい流れを失う。
前田がマークを外してポポのボールに絡んだことでポポのセンタリングがそのままゴールに入ってしまいました。
前半はザスパ自陣でのボール回しにそれほどジュビロからのプレスは厳しくなかったのですが、後半は激しくプレスを受けてボールを奪われるとファールになりザスパ自陣でのファールが増えてしまったのが原因です。

2点目の失点もペナルティエリア手前で山田とのワンツーをされてペク ソンドンに決められてしまいます。
あの位置でワンツーされたらボールウォッチャーになるのは当然であそこまでに止めなくてはいけない。
逆に言うとザスパの攻撃陣もワンタッチパスをゴール前ですることでゴールのチャンスはいくらでもつくれるという事を感じてほしいです。

結果は0-2での敗戦。
負けは負けなんですが技術的な部分では悪くなかったと思います。
DFラインからのパス回しのパススピード、正確性もあかなり良くなってるし、後はリスクを負っても縦パス入れるとか、強引にでもシュートするとか戦う姿勢、勝ちに行く気持ちとか精神的な問題だったように感じます。
ジュビロは強い相手です。でも勝てない訳じゃない。
シュートも確実な選手に渡してゴールを狙わせるのもいいけど打たなくては入らないわけで、どんどん打ってほしいです。
特に2失点後はリスクを負って前に行っているのでジュビロにスペースを与えてピンチも作られています。
その分チャンスの時にはシュートを狙いゴールを奪う必要があったわけです。
そういう部分はダニエルロビーニョが一番あったのかもしれません。
次節水戸ホーリーホック戦でそういった戦う姿勢を見せてほしいですね。

今だから言いますが、松本山雅との練習試合で4-4-2と4-1-4-1をやってました。
あの時点では書いちゃうとまずいかと思って書きませんでしたが、ジュビロ対策だったのかな

サポーターの反応

https://twitter.com/1football617192/status/452353655975337984

栃木戦よりは悲観してない感想が多い。とにかく連敗しないこと。水戸戦に向けて前向き。

試合後にジュビロ磐田サポーターからソンスコールがあったようでソンス愛されてんなー

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.