移籍情報

将来有望な大卒新人、高井和馬・藤原雅斗・出岡大輝・岩田拓也の加入が内定

投稿日:

ザスパクサツ群馬に大卒新人として高井和馬・藤原雅斗・出岡大輝・岩田拓也の4名の2017シーズンよりの加入が内定しました。
ここ数年、将来有望な選手の加入が続いていますが2017シーズンも負けないくらいの素晴らしい選手たちです。

高井和馬

日本体育大学から加入したMF。
得点感覚に優れたアタッカーで日本体育大学時代は背番号10でインカレ準優勝まで導いたエースだった。
そして2016シーズンの関東大学リーグの得点王と、なんでザスパクサツ群馬に加入したのか不思議に思うくらいの活躍。
実際、J1クラブからも獲得のオファーがあったようだがザスパクサツ群馬に加入を決めた。
日本体育大学から加入したのは小柳達司以来。

主に左サイドでプレーしているがFWも含めて攻撃的なポジションはどこでもできるようだ。
足元の技術に優れ、パワーもスピードも持ち合わせているようで前評判はザスパクサツ群馬で活躍した江坂任や瀬川祐輔よりも高い。
長くJ2でプレーする気はないようで、ザスパクサツ群馬をJ1昇格に導くか、個人昇格してJ1へ上りたいようだ。
江坂や瀬川のように1年目から活躍するにはそれぐらいの強い気持ちを持っていないと無理だと思うのでビッグマウス大歓迎です。

ザスパクサツ群馬では、大宮アルディージャへ移籍した瀬川祐輔の穴を埋める存在としてゴールの量産が期待される。

藤原雅斗

流通経済大学から加入したCB。

流通経済大学時代は流通経済大学ドラゴンズ竜ケ崎のCBとしてプレー1stステージ優勝に貢献した。
流通経済大学ドラゴンズ竜ケ崎は流通経済大学の中ではBチーム扱いですが、活躍が認められた藤原雅斗はその後アミノバイタルカップ予選や低迷していた関東大学リーグに出場するトップチームに昇格している。
プレーについては詳しくはわからないが泥臭いプレーをする粘り強い選手のようだ。

大学以前はセレッソ大阪の下部組織に在籍していて南野拓実や丸岡満とともにプレーしていて技術やプレー精度は高そうだ。

ザスパクサツ群馬では、ヴィファーレン長崎へ移籍した乾大知の穴を埋める存在として期待されるが、まずはレギュラー争いだろう。
1年目のCBは毎年プロの洗礼を浴びて戸惑うことが多いのでそこに打ち勝ってほしい。

出岡大輝

関西学院大学から加入したFW。

関西学院大学では関西学生サッカーリーグで17ゴールをあげて得点王になった逸材。

高井和馬のように自分で打開して行くタイプではなく、相手DFの裏をとる動きからスルスルっと抜け出してゴールを奪うようなタイプ。
しかも得点感覚は高そうで江坂任に似たタイプに感じた(ビデオで見た感想として)

大学以前はガンバ大阪ユースに在籍していてプリンスリーグでも得点王を獲得していたが、トップチームに昇格できずに大学進学を決めた。

ザスパクサツ群馬では、高井和馬と同じく瀬川祐輔の穴を埋める存在として期待される。

岩田拓也

明治大学から加入したFW。

明治大学出身ということで瀬川祐輔の1年後輩。
情報が少なくてどういった選手かわからないが明治大学の11番を背負う選手なので期待値は高い。
4年生時には6ゴールをあげた。
強靭なフィジカルを武器に泥臭くゴールを狙うFWなようで高井和馬や出岡大輝とは違うタイプのようだ。

大学以前はFC東京U-18に在籍していて1年生時から試合に出ていたようだが、不動のレギュラーでは無かった。

ザスパクサツ群馬では、ポストプレーとゴールが期待されるがまずはレギュラー争いに勝つことが必要だ。

まとめ

最近のザスパクサツ群馬では大卒新人ですら即戦力としての期待が他クラブよりもある。
そこには不動のレギュラークラスの存在が少ないうえに活躍すれば他クラブに引き抜かれる事が多いことがあげられる。
今回紹介した選手たちも、持っている力を出せば試合に出場することが可能なくらい可能性を秘めた選手たちで期待できそうだ。

ザスパクサツ群馬フロントは評価に準じてプロ契約やアマ契約など契約年数を含めて選手との契約を行うようで彼らがどのような契約をしているかは不明だが活躍してすぐの0円移籍だけは避けてもらいたい。
今回紹介した全員がプロ契約のようだ。

まずは早くプレーが見てみたいです。

 

広告
広告

-移籍情報
-, , ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.