ニュース

太鼓が正スタに帰ってくる。サポーターのミッションは「再発防止」と「安全の確保」

投稿日:

アウェーの第30 節 大宮アルディージャ戦でPKの判定に不満を持ったサポーターがバチをピッチに投げ込んだ問題で処分として太鼓の使用が禁止されていましたが、2試合で解除されることになりました。
9月20日、アウェーのファジアーノ岡山戦から太鼓を使用しての応援が可能となります。

RIMG1927

これまでの経緯

太鼓使用禁止から解除までの経緯をまとめてみました。

8月24日 大宮アルディージャ戦でバチ投げ込み

引用: [大宮1-1群馬]江坂の2試合連続ゴールで首位大宮とドロー | ザスパ LOVER

 

 

 

ムルジャが獲得したPKの場面でザスパクサツ群馬サポーター側のスタンドからドラムを叩くバチ(スティック)が投げ込まれる事があった模様。
スカパーにも主審がピッチの外に出すシーンが写っていたので投げ込まれたのは事実のようです。
どのようにして投げ込まれたのか、誰が投げたのかはわかりませんが残念な行為と言えます。

Twitterでも多数の目撃情報があり、問題が表面化。

大宮戦でのバチ投げ込みで太鼓の使用禁止

引用: 大宮戦でのバチ投げ込みで太鼓の使用禁止へ | ザスパ LOVER

 

 

 

8月23日(日)NACK5 スタジアム大宮にて開催されました「明治安田生命J2リーグ第30節大宮アルディージャ対ザスパクサツ群馬」の試合中、ビジターゴール裏ザスパクサツ群馬応援エリアで試合観戦していたサポーター1名が、フィールド内へ太鼓のばちを投げ入れたことが確認されました。
上記行為は、Jリーグにおいて定められている試合運営管理規程で禁止されている行為であり、「再発防止」及び「安全の確保」の観点から、8月26日(水)に正田醤油スタジアム群馬で行われる「明治安田生命J2リーグ第27節vsFC岐阜」より、当面の間、すべての公式戦でホーム、アウェーを問わず、ザスパクサツ群馬のファン・サポーター全員に対し、スタジアム及び試合会場周辺の管理区域において太鼓による応援等を禁止させていただきます。また、太鼓の持ち込みも禁止とさせていただきます。

現時点では、今回の措置の期間は決めておりません。「太鼓による応援等禁止の考え方」をファン・サポーターの方々と共有し、まずは「再発防止」及び「安全の確保」の方向性を見出していくことが大切と考えております。

そして公式に26日のFC岐阜戦から太鼓使用禁止が発表。
この時点では期限を決めていない無期限的な措置となった。

FC岐阜戦は太鼓無しの影響か敗戦

引用: [群馬0-1岐阜]初めての太鼓禁止試合は精神面の弱さを露呈しオウンゴールで敗戦 | ザスパ LOVER

 

 

 

ゴール裏で声出しをこれまでしてきたサポーターからは賛否あるようですが、バックスタンドでこれまで手拍子のみで応援に参加していた身としては、ゴール裏との一体感が感じられて良かったです。
ゴール裏だけではなく、バックやメインスタンドも含めて応援という時は手拍子中心の方が迫力あるのではと思いました。
実際これまでより楽しめました。

個人的には手拍子応援好きなんですが、多くのサポーターからは迫力不足が指摘されていました。
太鼓の復活を求める声が多かった。

そして太鼓応援解禁

引用: 太鼓による応援等の禁止解除について

 

 

 

お知らせ

8月23日(日)NACK5 スタジアム大宮にて開催されました「明治安田生命J2リーグ第30 節 大宮アルディージャ対ザスパクサツ群馬」の試合中、ザスパクサツ群馬サポーター1名が、フィールド内へ太鼓のばちを投げ入れたことを受け、ザスパクサツ群馬では8月26日(水)正田醤油スタジアム群馬で行われた「明治安田生命J2リーグ第27節vsFC岐阜」以降、すべての公式戦でホーム、アウェーを問わず、ザスパクサツ群馬のファン・サポーター全員に対し、スタジアム及び試合会場周辺の管理区域において太鼓による応援等を禁止させていただいておりますが、このたび9月20日(日)シティライトスタジアムにて開催される「明治安田生命J2リーグ第32節ファジアーノ岡山vsザスパクサツ群馬」より、太鼓による応援等の禁止を解除することを決定いたしました。
何卒、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

■解除の経緯
ザスパクサツ群馬では、「再発防止」及び「安全の確保」に向けた対策の一つとして、「明治安田生命J2リーグ第27節vsFC岐阜」以降、すべての公式戦でホーム、アウェーを問わず、ザスパクサツ群馬のファン・サポーター全員に対し、スタジアム及び試合会場周辺の管理区域において「太鼓による応援等の禁止」という措置を取らせていただいております。
その間、Jリーグ及び大宮アルディージャ様と連係しながら、今回の事案の詳細を調査。9月10日(木)までに違反行為の当事者への処分を決定し、公表させていただきました。
また、9月13日(日)に正田醤油スタジアム群馬で行われた「明治安田生命J2リーグ第31節ザスパクサツ群馬vs東京ヴェルディ」の試合前には、応援をけん引するザスパクサツ群馬のファン・サポーターに対し、クラブから改めて観戦ルール・マナーの順守を呼びかけ、ルール・マナーの確認をしていただきました。
これまでの経緯を踏まえ、クラブといたしましては、「再発防止」及び「安全の確保」に一定の道筋がついたととらえ、9月20日(日)シティライトスタジアムにて開催される「明治安田生命J2リーグ第32節ファジアーノ岡山vsザスパクサツ群馬」より、太鼓による応援等の禁止を解除することを決定いたしました。
クラブといたしましても、再発防止に全力を尽くしてまいります。
ファン・サポーターの皆様におかれましても、ホーム、アウェーを問わず、運営管理規定や観戦ルール・マナーを順守いただき、ザスパクサツ群馬の関わる試合がお年寄りからお子様まで一緒になって応援できる安全・安心で楽しいスタジアムになるよう、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

そして太鼓応援の禁止が解除されました。
期限は決めていないという発表から、結局2試合での復活はやや制裁として物足りなさが残るのも事実です。
無期限というイメージが先行したからでしょうから、初めから2試合と決めても良かったのでは?

フロントとしても1万人規模の集客をしたいジュビロ磐田戦までに何とか復活させたいという思いからなんでしょう。

制裁が解除されたからには2度と同じことが起きないように皆が誓わなければいけないでしょう。

「再発防止」及び「安全の確保」に一定の道筋がついたという言葉を信じるしかないというか、サポーターに課せられたミッションと捉えて確実に実行したい。

サポーターの反応

https://twitter.com/mika0723_9325/status/643717474735669249

 

 

広告
広告

-ニュース

Copyright© ザスパ LOVER , 2018 All Rights Reserved.