[群馬1-3札幌]コンサドーレ相手に19本のシュートを放ったザスパ攻撃陣の可能性

投稿日:

天皇杯は3回戦で敗退が決定し、J2リーグ戦の終盤戦を戦うことになったザスパクサツ群馬。
再開初戦は首位のコンサドーレ札幌戦となります。
首位へ押し上げた堅い守備とタレントがそろう攻撃をザスパクサツ群馬が持ち味である粘り強い守備から速い攻撃で崩せるかという試合になると予想されました。
結果は1-3でザスパクサツ群馬が負けましたが、内容は互角以上でザスパクサツ群馬の終盤戦の戦いに可能性は感じました。
ただ、残留争いをしている中でアウェーだとしても勝ち点は拾う戦いも今後厳しく追い求めてもらいたいです。

31%e6%9c%ad%e5%b9%8c

首位の札幌相手に互角に戦うザスパクサツ群馬

天皇杯によって中断していたJ2リーグ戦が再開しました。
久しぶりのリーグ戦を首位のコンサドーレ札幌との対戦ということで、ザスパクサツ群馬の力がどのくらいなのかを図る意味では素晴らしい相手です。

前半を耐えて1点勝負にしたいところだったですが、すぐに失点。
左サイドを崩されて内村が最終ラインを引っ張る中、都倉にうまくポジショニングせれフリーで打たれてしまったのでしょうがないです。
それまでは崩されたシーンはなかったのでサイドバックが前に食いついてくるというザスパクサツ群馬の弱点をうまく突かれてしまいました。

同点にしたいザスパクサツ群馬ですが、フィジカルの強いコンサドーレ札幌のセンターバック・増川にうまく守られて山岸祐也や瀬川祐輔が前線でボールを持てない時間が続いていきます。
前線に起点が作れない分、中盤の押し上げも少なく間延びした状態で中盤から前の選手間の距離が遠かったので攻撃チャンスは少ないと思いました。

1タッチパスの連続で瀬川祐輔がゴール

攻撃の芽がほとんどなかったので難しさは感じていましたが、一瞬のスキを見逃さなかったのはザスパクサツ群馬の攻撃陣。

高橋駿太が中盤でボールを奪うとドリブルで持ち込み、左サイドに流れた山岸祐也にパス。
山岸祐也は迷うことなくダイレクトパスでDFラインとゴールキーパーの間にグラウンダーのクロスを入れる。
走りこんできたのは瀬川祐輔でダイレクトシュートはコンサドーレ札幌ゴールキーパーの脇を抜けてゴールへと吸い込まれます。

瀬川祐輔にとっては通算9ゴール目となって二ケタまであと1ゴールに迫った。
コンサドーレ札幌の守備はしっかりしていたので、1タッチパスの連続でしかゴールは奪えないと思ったが、ザスパクサツ群馬の素晴らしい崩しでした。

同点に追いつくとザスパクサツ群馬の時間帯。
コンサドーレ札幌のパスミスとザスパクサツ群馬の前線からのプレスが効果を上げてショートカウンターを続けてコンサドーレ札幌に浴びせました。
チャンスは多く作りましたが惜しくもゴールが奪えません。

前半は1-1で終了した。
中村駿と小林竜樹にも決定的なゴールチャンスがあったので追加点が奪えなかったのが痛かったです。

コンサドーレが首位にいる理由

後半も前半同様に押し込むのはコンサドーレ札幌で、ショートカウンターでチャンスを作るのはザスパクサツ群馬です。
前半はコンサドーレ札幌の2倍のシュートを放ったザスパクサツ群馬ですが追加点は奪えません。

少ないチャンスの中でザスパクサツ群馬のカウンターは鋭さを増します。
小林竜樹と高瀬優孝がチャンスを演出してゴールの可能性はますます高まってきます。

流れは完全にザスパクサツ群馬で悪くないそう悪くない。
あとはゴールを奪うだけなのです。

たまらずコンサドーレ札幌はヘイスを投入してコンサドーレ札幌にとって嫌な流れを変えようと対策をとってきます。
服部監督もこれに対しての策をとりたいところですが、良い流れは出来ているので交代枠を使えずにいます。

疑惑?のゴールとダメ押しゴール

どちらがゴールを奪うのかというヒリヒリした展開の中、ゴールへの執念を見せたのは首位のコンサドーレ札幌だった。

ゴールラインを割ってないとか、高瀬のところでファールだったとかいろいろ疑惑をいわれていますが、どちらも認められていない以上問題はなかったのでしょう。
ビデオで見てもゴールラインについては確認できませんでしたが、高瀬へのファールについてはコンサドーレ札幌の選手が先に触っているので問題はないです。

ゴールを奪える時間帯がザスパクサツ群馬に続いた中で決めきれずに、コンサドーレ札幌は首位らしく自分たちの時間帯でしっかりと決めてきました。
この場面でセンターバックの増川が前線に上がってきてましたので、このあたりの試合の流れを読んで勝負を仕掛けてくる部分にコンサドーレ札幌が首位にいる理由を感じました。

それよりも続けて決められた都倉のゴールの方が問題です。
こぼれ球にお見合いしてプレス行けなかったり、DFラインが下がりすぎたり、冷静さを失ってしまいました。
1-2ならば引き分けへの可能性も残りましたが、終盤での連続失点で試合はほぼ決してしまいました。

試合終了

試合はそのまま1-3で終了。

首位・コンサドーレ札幌相手に善戦しましたが最後は力及びませんでした。
負けはしましたが、内容は悪くないものです。
シュート数も前半10と後半9と合計で19本打てましたし、その中でもゴールのチャンスある枠内シュートも数本ありました。
コンサドーレ札幌のゴールキーパーが素晴らしかったのもありました。

まだまだ残留争いに巻き込まれている現状ですが、攻撃の形すら出来ていないとすれば悲観的にもなりますが、試合を見れば可能性はあります。

連敗しないことが大事。
次のホーム・松本山雅戦は勝ち点3に期待しましょう。

ザスパクサツ群馬に関するツイッターの反応

 

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.