[栃木5-1ザスパ]栃木に5失点して敗戦したザスパが改めて勝つ為には何をすべきか

更新日:

ジュビロ磐田ジェフ千葉と連勝で臨んだ北関東ダービー栃木SC戦は5-1というザスパの歴史に汚点を残すほどの敗戦となった。
後半ロスタイムに売り出し中の点取り屋・江坂の1ゴールで少しは試合は見れたがそれ以外は酷いものだった。

スタメンは変更なしで臨んだザスパクサツ群馬。
ベンチにはアクレイソンが久しぶりに復帰。
怪我は治ったようだ。

酷い5失点

今回はあまりに試合内容が酷く、栃木の得点ばかりなので詳細な試合展開は書かないことにします。

栃木戦を解説上で大事なことは一つしかない。

気持ちが入らなかったこと

今シーズンのザスパを見ていて、試合をビデオなどで見れば試合開始すぐにそれがわかると思う。
気持ちが入っていないとは言わない。
ただジュビロ・ジェフ戦で見せていた集中力のそれとは完全にベツモノです。

全ての選手がダメとは言いませんが、何人かの選手がちょっと手を抜いていたらどうでしょう?

ザスパのようなチームで戦う必要のあるクラブは対戦相手が強豪でなくてもこの試合内容になるのです。
守備の面でも、ファーストディフェンスの遅れ(1歩というより3歩ぐらいの遅れ)からくる後手に回ったディフェンスの軽さが試合開始直後から見られました。
栃木の松村亮にシュートを打たれた場面がそれです。

強豪相手に戦って勝つが、うまくいっている反面強豪クラブでは無い相手ならこの程度で勝てるのではないかという気持ちが生まれる。
手を抜いたと書いたが選手本人はそんな気持ちサラサラないだろうが、プレーには少しずつの違いが生まれている。
また別の気持ちも生まれる。

いつか負けるのではないか?

これはザスパに限ったことではないが中堅以下のクラブは勝ち癖が無い。
勝っていくと勝ち慣れていないので、いつか負けるのでは?という思いが生まれてくる。
慌てさせ、焦りからプレーの質を悪化させ、視野も狭くする。

攻撃時に足元ばかりで展開力に乏しかったのはその為だろう。

これはザスパがJ2昇格から抜け出せていない伝統的なものです。
勝ち続ける事で克服するしかないです。

松下と江坂

その中でも勝つことにこだわりが見えた選手は二人。

江坂と松下です。

江坂任

江坂は最後にゴールをあげたことはもちろんですが、とにかくゴールに直結する動きを何度も繰り返していた。
ボールを引き出すためにサイドに流れたりしすぎてゴール前誰もいないという事もあったがそれほど危険な場所でボールが動かないし、栃木のプレッシャーは強かった。
それでも最後にカイケのドリブルからゴールを生むあたりは江坂の執念を感じたね。

松下裕樹

松下はとにかく守備で走り回り、栃木の攻撃の芽を必死に止めようと走り回っていた。
ただ一人走り回っても守備の部分でたかが知れているのはサッカーを知っている人ならわかるでしょう。

この二人以外の選手が頑張っていなかったとは言いません。

でも勝つためには何をすべきか

ジュビロ戦ジェフ戦では勝つためには何をすべきかという意思で全選手が統一されていたような気がします。
それは試合内容からも伝わってきた。
勝つために何をすべきかを11人全員がすることで初めて勝てるチームになるのがザスパ。

本気でJ1昇格狙うなら負けて目を覚ませじゃダメなんです。

ファジアーノ岡山戦では取り戻していることに期待しましょう。

以上、栃木に5失点して敗戦したザスパが改めて勝つ為には何をすべきかでした。

Twitterの反応

https://twitter.com/kondoi0504ya1/status/607084822201135104

https://twitter.com/fokof2ab/status/607099550684217344

 

広告
広告

-
-, ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.