[ザスパ0-2アルディージャ]大宮に完敗もゴールの匂いが漂う

更新日:

GWの連戦最終戦はホームゲームはJ1から降格した大宮アルディージャ戦でしたが、0-2の完敗。
立ち上がりと終盤に2失点、ザスパは無得点と大宮アルディージャの試合運びの上手さと守備の堅さが光りました。
ただザスパにも新戦力が試せたり、攻撃の形での可能性は見えたので結果的には連敗でしたが次節以降の楽しみは残りました。

大宮アルディージャが正田醤油スタジアムにきたのは初めて。
大宮から近いという事もあって大応援団が襲来。さすがJ1という感じです。
ゴール裏はもちろんですがメインスタンド、バックスタンドにもたくさんの大宮サポーターが来ていました。

大宮の大応援団

 

ゴールこそなかったが大宮のツートップ家長と播戸は怖い存在でした。

家長はイケメンですね

スタメンを大幅入れ替え

アウェー連戦の疲れを考慮して両サイドバックの川島・久富、1トップの野崎、吉濱・アクレイソンらもお休み。
福岡戦の接触プレー途中交代したゴールキーパーの富居大樹も大事をとってお休みで北一真が久しぶりのスタメンとなりました。

代わりに出場した小柳、小林亮、横山翔平、大津はチャンスなので頑張ってもらいたい。

久しぶりの北

前半・小柳達司の誤算

試合後の小柳

この試合を語る上で小柳達司の出来の悪さを見過ごす訳にはいかないです。
試合直後からボールが脚につかない状態が続きました。
このあたりは久しぶりの出場なので多少は仕方ない所ですがあまりにも多すぎた。

そして失点のシーンでポジショニングのミス。
翔平の守備意識の低さもあってか大宮の和田にフリーでクロスをあげさせてしまってはピンポイントであわされます。
この時に余っていたのにかかわらず横谷につかなかった小柳のミスは見過ごせません。

服部監督も本来なら久富を後半の勝負時まで休ませようと考えていたと思うけど、失点したことと小柳の出来の悪さから前半の速い時間に交代カードを使う事になりました。
少し思うには川島がベンチ外になっているのに久富をベンチに入れているという事は試合前から小柳の信頼感は少なかったのかなという思いもあります。

久富によって右サイドは安定

右サイドを久富に交代したことで守備は結果的に安定。
攻撃の面でも久富の積極的な攻撃参加で大宮の右サイドを押し込んでいく場面も見られた。

久富の出場停止や怪我などで出られない時も長いシーズンなのであると思うので、小柳には久富のバックアッパーとしていつでも試合に出られる準備はしてもらいたい。
そして出場した時には久富以上のパフォーマンスをしてレギュラーをつかむぐらいの意地を見せてもらいたい。
そういった競争が無いと戦力のレベルアップは望めない。

江坂のカウンターに望み

ザスパの江坂、アルディージャの泉澤とチームの良い所を出しながらも0-1で前半は終了。
ザスパは江坂のドリブルで攻撃の機会はあったものの前線でタメが出来ない分、攻撃は単発に終わっている。
対するアルディージャは家長が時間を作るので泉澤やカルリーニョスなど押し上げては分厚い攻撃。
ゴール前で粘り強く守って前がかりになる大宮の裏を江坂が狙うというしぶとい攻撃しか出来ないのがザスパの現状だった。

後半・ホームの維持、プレーに連動性が生まれるザスパ

後半は永井と江坂がボール回しの中でポジションチェンジを行いアルディージャの守備を攪乱。
攻撃的な姿勢を見せ始めたザスパ。
中盤でボールを奪った永井がシュートもクロスバーの上に外れた決定機は枠には入れたかった。
さらには江坂が左サイドを抜け出してクロス、横山翔平が頭で合わせたがミートせず。

チャンスは作るものの精度の部分でゴールが奪えない時間が続く。

カイケ・オリベイラ投入

運動量の落ちてきた翔平と大津をブラジル人コンビのカイケとオリベイラを投入。
大津に関しては前半守備に頑張っていたが後半は運動量が落ちた。
ザスパにとって前線から守備という部分は必要不可欠だけど、攻撃時の体力をもう少し残してもと思う。
FWの仕事はゴールを奪うこと。
クロスが上がる時には必ずゴール前に走って欲しい。
後半、ザスパが攻勢に出た時にはその体力が残っていなかった気がする。

翔平に関しては小柳同様デキが悪かった。
失点シーンでも守備の戻りが遅かった。
攻撃の部分では良さはあるのだろうが守備意識がちょっと少ない。
プレーの判断も遅く4年目だけれど成長は遅い。

立ちはだかる加藤順大

加藤順大

ホームという事もあり攻撃的にシフトするザスパに立ちはだかったのが、アルディージャゴールキーパーの加藤順大。
浦和レッズで正ゴールキーパーとして在籍していた加藤だが西川の加入で出場機会を求めて大宮アルディージャに移籍。

さすがというかシュートへの反応だったり、ポジションだったり、すごいキーパーです。
そんな加藤を控えにしちゃう西川も凄いですね。

コーナーからの永井のスラしたヘッドに反応したり、ファーに流れた江坂のシュートをブロックしたりとしっかり枠に行ったシュートを2本止められてはお手上げです。
両方とも1点モノの良いシュートでしたから加藤の凄さが際立ってました。

最後はカウンターで失点

攻め続けるも得点を奪う事が出来ないザスパは力尽き、アルディージャの鋭いカウンターの餌食に。
あれだけ攻めてゴールが奪えばなければしょうがないです。
それだけ完璧なカウンターでした。

結果として0-2での完敗。
チームとしての力の差は感じました。
ゴールキーパーを含めて守備は固いし、ここぞって時のゴールを奪うチカラはさすがでした。
さらにJ2では反則と言われたムルジャが控えにいるんだから凄いです。

まとめ・新しいチカラ

試合には負けたとはいえ収穫もあったように思えます。

まずはゴールの匂いが嗅げたこと。
加藤順大さえ居なかったら逆転していたはずです。たぶん・・・
それぐらい枠内シュートが打てました。

まだまだ若いチームでこれだけできたんだから可能性はあります。

永井がフル出場

さらに江坂に頼り切っていた攻撃が永井からも生まれたこと。
江坂にマークを集中させないためにも永井の活躍は必要。
それだけの仕事ができる存在です。
この日は小柳の交代で1枚交代カードを消費したこともあって永井は初めてフル出場。
体力的なこともあってこれまで途中交代が多かった永井ですが、連戦の中これでフル出場にも目途が立ったことは収穫だったと思います。
最後は結構ヘラヘラになってましたが最後まで走り切っていました。

カイケの存在感

カイケ途中出場

左サイドのスタメンは横山翔平でしたが、個人的には短い時間ですがカイケの方が存在感はありました。
技術の高さは昨年から見せていましたが、連携だったり守備面で不安がありましたがここにきて解消されてきている気がします。

暖かくなってきてオリベイラと共に調子をあげてきた感じです。

累積カードで松下が次節出場停止

良い話題だけではありません。
イエローカードの累積で中盤の攻守の要・松下裕樹が次節札幌戦は出場停止となりました。
攻守両面で中心選手なだけに札幌戦に不安はありますがアクレイソンとファンソンスがしっかりと穴を埋めてくれるでしょう。
松下選手は開幕以来フル出場が続いているのでしっかりと休んでもらいたいです。

広告
広告

-
-, ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.