[東京V2-0ザスパ]これが上位との差、チャンスを活かせず終盤に2失点

更新日:

前節セレッソ大阪に勝利し連勝を狙ったザスパのアウェー・東京ヴェルディ戦は2-0での敗戦となりました。
後半ロスタイムに2失点と終盤まで良い試合をしておきながらの敗戦はダメージが大きそうです。

セレッソ大阪戦からスタメンは変えずに乾大知と川島將も連続スタメンで起用しました。

今回もハイライトのみですが前半は両チームとも潰しあいで悪くない流れ。
後半勝負。

後半は中盤にスペースが生まれてザスパペース。
小林竜樹を中心に決定機を作りますが尽くゴールからははずれ無得点。
チャンスを決められないとピンチがやってくるのがサッカー。

耐えに耐えていた守備陣がオフサイドの判定をセルフジャッジ。
そこにできた一瞬の隙を東京ヴェルディのベテラン・永井が見逃さず右サイドに展開し、途中出場の南に決められてしまいます。
その後、南に2点目を決められて試合終了。

試合終盤まで守備陣が踏ん張る中で攻撃陣が点を取らなければいけなかった試合でした。
東京ヴェルディはリーグ上位なだけにさすがに試合の中でのチャンスを見逃しませんでした。
少しの差ですが上位と下位の決定的な差と言えます。
全員の守備意識がある程度形成される中で攻撃の種類を増やしたり精度を高めていくことが必要になってきています。
ハンターのようにチャンスにはゴールを奪う選手が必要ですが、攻撃の中心となっている江坂や竜樹はこれからも対策されると思います。
野崎のポストではなくドリブル突破であったり、吉濱のスルーパスであったり、まだ試合に出ていない横山翔平を使うとか意外性も必要になってきます。

29日のカマタマーレ讃岐戦は絶対に勝利が必要なホーム戦。
服部監督がどういったスタメンでくるのか楽しみです。

引用: ザスパクサツ群馬 公式記録

 

 

 

 

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.