[ザスパ0-1愛媛FC]これで3連敗、課題はやり続けて克服するしかない

更新日:

連敗からの脱出、ホームでの初勝利をもくろんだ愛媛FC戦は0-1の敗戦となり、初勝利どころか3連敗となってしまった。

初スタメンの永井

前節、野崎のゴールで先制しながら敗れたザスパクサツ群馬はメンバーとフォーメーションを変更。
ゴールをあげた野崎桂太を1トップに左から初スタメンの永井雄一郎・小林竜樹・江坂任とした4-2-3-1のフォーメーション。
ダブルボランチは松下祐樹・アクレイソンで、4バックは左から小林亮・青木良太・初スタメンの有薗真吾・久富良輔となっていました。
前の4人はポジションチェンジを繰り返していました。

サイドの守備の曖昧さ

サイドの守備

愛媛は3-4-3で1トップ2シャドーのような変則的3トップ。
試合開始直後から愛媛FCの斜めに走る動きに苦しめられるザスパ守備陣。
常に裏を狙った動きに捕まえ切れない。
さらには今年のザスパの守備の形が裏目に出る。
前線からハイプレスを指向しているので愛媛3バックにプレスに行くけどパスコースを限定できない。
中盤を突破されると3トップに預けてウイングバックが上がってくる。
前からプレスに行くザスパはサイドバックがウイングバックに付かなくては行けなくて、中では愛媛3トップとセンターバック2枚と逆サイドサイドバックが絞ってきてマークする数的同数を作らされ、前半からチャンスを作られる。
開始直後からウイングバックと3トップの両ワイドについてマークがあいまいだった。
決定力の無さで愛媛にゴールは奪われていなかったけど、いつ取られてもおかしくない状況だった。

前半終了間際まで最終ラインが体を張って何とか耐えていた訳ですが、有薗真吾が2枚目のイエローで退場することになる。
2枚目のイエローをもらったことで敗戦の責任の一つではあるけれどセンターバックとして体を張っていたのは有薗だけともいえる。
退場直後に永井に替えて小柳達司が入ったが、最も危険な瀬沼と河原にやられてしまう訳です。

後半は4-4-1となってリトリートして守備したことで愛媛を抑えたところを見るとじっくり守備すれば崩されなかったような感じがした。
もちろん退場者を出したことで全選手がハードワークした違いはあるだろうけど。

少ない手数でゴールへ

でもこれは結果論であって、服部監督は江坂や永井が攻撃的に行くことで愛媛ウイングバックを下げさせる狙いがあったのではと思っている。
その目論見は有薗の退場で崩れたわけだけど、それまでの前半では永井であったり小林竜樹の1タッチパスで崩す場面もあったので、ああいう少ないチャンスでゴールに結びつけられていたら試合展開も変わっていた。

愛媛は中盤から寄せが早いので球離れを早くすることでチャンスが作れていた。
久富→永井→久富や松下→竜樹→松下といったワンツーで結構抜けられていたので回数を増やしたい。
テンポの速いパスを使う事で江坂のドリブルも生きてくる。

ピンクのマウスピースとヘアバンド

連続ゴールを期待した野崎桂太だが、この試合は効果的な動きは無かった。
厳しい展開ではあったが、もう少しボールを引き出す動き出しを期待していたのだけどほとんどなかったのが残念だ。
前を向けば強いのはわかっているが、それまでにはボールを受けて味方に落としてもう一度受けるという一連の流れの成熟が必要そうだ。

FWとしての可能性を示した江坂

江坂任

試合終盤に野崎を下げた所で江坂を1トップにした。
正直、これまで見てきたトップの選手の誰よりもボールが収まっていたし、ゴールへの意識を示していた。
これまで左サイドで主にプレーしているけど2トップの一人、または4-2-3-1なら真ん中で良いと思った。
左サイドに限定させるのではなくて自由にプレーさせるところも見てみたいです。
でも後半のシュートシーン2本とも決められるようになったら来年いないだろうな。

まとめ

これで3連敗。
毎年のことですが、他クラブが徐々に仕上がってくるこの時期に連携が作り切れないザスパは連敗します。
選手が変わっても、監督が変わってもこれだけは変らないのは練習環境の問題なのでしょうか?
今後は強豪との対戦が続くわけですが諦めずに勝ちに行ってほしいです。

そしてゴールとホーム初勝利を早く!

鬼気迫る松下

最後に松下キャプテン。
この試合も最後まで獅子奮迅の体を張った守備。
ザスパを何とかしたいという気持ちは痛いほど伝わってきた。
今年に賭ける思い・・・鬼気迫るものがります。

あと一平くん来てたんだよね

永井の交代を見守る一平

広告
広告

-
-, ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.