松本山雅に3-1で敗戦とその後の問題

更新日:

試合開始前、ザスパクサツ群馬は17位、松本山雅は3位と順位が大きく違う両チームの対戦。
松本山雅はホームでザスパクサツ群馬に勝ったことがないらしいのですが、3-1でザスパは敗戦。
順位通りの結果となりました。

スポンサーリンク

広告

ただ話題になったのは試合後、選手・監督とサポーターの間にいざこざがあり、試合後の監督コメントが非常に批判的になったことが注目を集めてしまいました。
試合内容ではなく、試合後の出来事が話題になるのは非常に残念な結果です。このことについては後で書きます。

試合はテレビでの観戦となります。

前半開始直後はザスパペース。
FWに入った宮崎泰右が中に切れ込んでバーに当てた惜しいシュートがありましたが、ゴールを割ることはできない。
次第にホームのサポーターを力にペースを取り戻す。
再三ザスパゴール前に攻め入るもザスパも最後の所はやらせずに耐える。試合後の監督コメントでも山雅対策は練ってきたということでしっかりとできていました。

ただショートCKからの展開だけはやっていなかったのか?
1点目、2点目共にショートコーナーからの展開でボールウォッチャーになって人につけなくなっていました。
1点目は岩上祐三のスーパーゴールといえるシュートでしたが、2点目明らかなGK北のミス。ファンブルを詰められてゴールされてしまいました。
キャッチできない危ないボールはパンチングという事もあるでしょうが、キャッチングできそうなボールでしたので北のミスだと思います。
実戦から遠ざかっていたことが少なからず影響したのかもしれません。

翔平が勝負してPK獲得

その後も決定的なシーンは松本山雅がほとんど。ザスパクサツ群馬は攻める機会はほとんどありませんでした。
途中交代で入った横山翔平がペナルティエリアで倒されてPKを獲得して1点を返すのがやっと。
その後も失点を喫して3-1で敗戦。
結果としては順位通りの力の差があったと言えます。アウェイでこれだけの力の差は埋まりません。特にサポーターが良い雰囲気をつくる山雅のアルウィンでは尚更です。

現場にいなかったので想像やネットの情報を基に書きますが、試合後に選手達がサポーターに挨拶に行ったときにコールリーダーを含むザスパクサツ群馬サポーターから何かしらの意見をぶつけられた→試合後の記者会見でサポーターについて意見した。
という流れのようです。

山雅戦後の監督コメントについて

個人的にもあのコメントを見た後、非常に残念に思い感情的になりましたが、一晩たって冷静に見返してみました。
一部言葉足らずな所(全文ではない可能性)もあり少し解釈が変わる気がします。
山雅はサポーターが多いから勝つという意味ではなく、サポーターなら他の誰かを批判するだけではなく、もう少し何かできる事はあるかもしれないと自問自答してほしいということなのかなと。
コアサポーターの皆さんは凄く応援も一生懸命やっていますし、メインスタンド側やバックスタンド側にも足を運んで、みんなで盛り上げようとしてくれています。
秋葉監督がサポーターと呼んでいるのはコアサポーターの事だけなのか?ただそれで全力なのか?まだできるのではないか?という事を秋葉監督は言っていると思えてきました。
こういう事は最近言える人いません、何しろ今回みたいに批判にさらされますから。
批判覚悟で言ってくれる人は大事にしないといけないのかもしれません。期待してくれるからこその言葉だと思います。何も言われなくなったら終わりです。

個人的にできる事といえば、シーチケやグッズ購入、知り合いをスタジアムへ連れていく、当ブログを通してザスパクサツ群馬を知ってもらうという事でぐらいです。
まだできる事があるかもしれないので今回を機会に考えてみたいとおもいます。

もちろん運営側にもやることをやってもらいたいと思っています。

Matsumoto Castle

サポーターの反応

いろいろ意見はありますが、ザスパクサツ群馬を応援する気持ちは変わりません

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.