[群馬2-4長崎]宮崎・瀬川のゴールで逆転するもゲームを支配できなかった

更新日:

開幕以来の対戦のVファーレン長崎との対戦は2-4での敗戦。連勝はできませんでした。
守備の要・青木良太の出場停止が響いた結果となりました。

スポンサーリンク

広告

2014年熊谷開催

台風の影響が心配された熊谷開催ですが無事に行われました。
風は吹いていましたが雨は止んでいます。
それでも台風の影響が心配されただけに集客には苦戦しました。

乾大知がスタメン

熊本戦でレッドカードで退場した青木良太の代わりに乾大知が久しぶりの先発。
その他の変更はなし。ファンソンスも連続スタメンです。

前半はザスパクサツ群馬が鋭い出足でプレッシャーをかけVファーレン長崎に攻撃の機会を与えない。
前線でボールを奪っては鋭いカウンターからチャンスを作るも最後の所でゴールを奪えないいつもの展開。

残念ながら・・・

すると一瞬プレスが緩んだ隙を突かれて、逆サイドのクロスにマークが対応できずにゴールを奪われる。
それまで負けが続くVファーレンは消極的なプレーが続き、ゴールを奪えずにいたが隙を与えてしまった。
リプレイ見るとスライドうまくいってなくて人余ってる。
前半は0-1で終了。

宮崎・瀬川のゴールで逆転

早めにエデルを投入し、後半からザスパの反撃が始まります。
右サイドでダニエルロビーニョがボールを受けると強引にクロス。
ボールははじかれますが、待っていた宮崎泰右が狙いすましてゴール。
ザスパクサツ群馬に加入して初ゴールが同点ゴールとなりました。
FWで起用されてチャンスは何度かありましたがやっと決めてくれました。ゴール後のパフォーマンスもかっこよかった。

5分後、クイックリスタートから小柳が切返してクロス。
逆サイドの瀬川和樹のドンピシャヘッドで逆転ゴールが決まる。
長崎のDFが全員ボールウォッチャーになってました。

逆転するも試合をコントロールできず

逆転するも再逆転される

ここからが問題。
また悪い癖がでます。
これまで行っていたボールへのプレッシャーが甘くなる。
大きな差ではないがちょっと遅れているという感覚ですが、そのちょっとずつがボールが前線に行く頃には大きな差となってフリーな場面を生み出し、最終ラインでのアタックが遅れていた。
そしてペナルティーエリア手前でファールを犯してセットプレーから失点してしまいます。
石神のFKも良かったが、富居の反応も悪かった。
富居はセットプレーの対応に何があるように感じた。

ピッチ内の監督機能せず

群馬2-4長崎

ここから流れは長崎となる。
立て続けに2失点し2-4で敗戦。
敗戦後のコメントで「攻めるのか守るのかはっきりしなかった」というのがあったが、逆転後の守備の甘さが、長崎の逆転につながったと感じています。
あの辺をピッチ内でプレーでもう一度引き締められる存在がいなかった。
瀬川が得点してから5分間ぐらいはボールに対して厳しくいっても良かった気がします。あそこで自由にされたからこその長崎の逆転劇となってしまった。
後半から入った金沢浄にはそういった期待がされていたのに若干残念だ。

次のホーム・FC岐阜戦は青木良太が帰ってくる。平繁もベンチ入りの可能性もあるという予想。
すっきり勝って、プレーオフの可能性にしがみつきたい。

サポーターの反応


https://twitter.com/thespa14/status/498429021634326529


https://twitter.com/0511sKumi/status/498482371004354560

広告
広告

-
-, ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.