松下裕樹のミドル炸裂!ザスパクサツ群馬がホーム開幕戦でブラウブリッツ秋田に勝利!!

更新日:

J3が開幕して1週間。福島ユナイテッドとの開幕戦でJ3は甘くないことを知ったザスパクサツ群馬。
ホーム開幕戦の相手は2017年のJ3チャンピオン・ブラウブリッツ秋田です。
2戦目にしてザスパクサツ群馬がJ2に再び昇格できるかの試練となる1戦。
サポーターもそれを感じ取ってか、試合前から負けられない1戦となる緊張感が伝わってきた。

本来ならば、その緊張感を正田醬油スタジアムで感じたかったけど、体調不良によりDAZNのlive配信を見ることになりました。
スタジアムイベント等は見ることができず、試合のみとなります。

結果は1-0とザスパクサツ群馬がJ3で初めての勝利をあげた。
J2昇格のライバルとなるであろうブラウブリッツ秋田にホームで勝てたことは1試合に勝つだけの意味ではなく、非常に大きい意味になった。

開幕戦からの変更点

フォーメーションを4-4-2に変更

市川恵多に替わり、高橋駿太がスタメンで左サイドMFに入る

2トップを平繁龍一と大久保哲哉のコンビに変更
大島康樹がベンチメンバー入り

ホームで負けられないザスパクサツ群馬

平繁龍一が繋ぐバランス

大きな変化として4バックにしたことでバランスが非常に良くなったことと、2トップの一人、平繁龍一がトップ下のように前線から下がり目に降りてくることで、前線から中盤でバランスが増した。
福島ユナイテッド戦では、ザスパクサツ群馬の攻撃がロングボールが多くなったことは中盤からの選択肢の少なさから相手にケアされたことがあったので、しっかりと修正できた。

球際が厳しいザスパクサツ群馬

福島ユナイテッド戦では緩かった球際の守備も高橋駿太と小林竜樹が走ってサイドで厳しい守備を行うことでサイドの攻防に勝利。
例え突破されても、久木田紳吾と坪内秀介が身体を投げ出してでも止めた。

守備の部分で改善された部分が大きく、開幕戦から良くなったことで前半からザスパクサツ群馬のペースで試合は展開しているように思えた。

攻撃の課題もしっかりと修正したザスパクサツ群馬

しっかりと守備を修正してきたザスパクサツ群馬は、攻撃の部分でも修正してきた。

福島ユナイテッド戦では見られることがほとんどなかった、前のポジションの選手を追い越す動きだったり、背後のスペースへのフリーランニングが前半から多く見られた。
高橋駿太・小林竜樹共に得意とするプレーなだけに両選手の良さが出たと同時にザスパクサツ群馬の攻撃は強まった。
さらに舩津徹也と阿部巧のオバーラップもタイミングよく決まり、ザスパクサツ群馬の攻撃は厚みを増した。

福島ユナイテッド戦ではロングボールが多かったこともあり、大久保哲哉のポストプレーばかりが目立ったが、サイド攻撃のパターンが増えたことでザスパクサツ群馬の攻撃のバリエーションは多彩になり、ブラウブリッツ秋田の守備が絞り込めていなかった印象だ。

サイド攻撃では優位に立てたが、中央の部分では、後に紹介する藤山がいたことで風間宏希がほとんど自由にプレーできなかった。
2ラインの間でプレーする平繁龍一もしっかりとケアしていて、藤山智史は非常に厄介なボランチだった。

鮮やかなサインプレーで松下裕樹のビューティフルゴール

前半17分に、サイドからのファーサイドクロスに大久保哲哉が折り返して、フリーの小林竜樹がシュートを放ったシーンはザスパにとって初めての決定機だった。

徐々に攻撃のリズムを掴むと、直後に得たコーナーキックで準備していたというサインプレーを披露。
普通に中にクロスを入れると見せかけて、センターサークル付近から松下裕樹が上がる。
それに合わせるように風間宏希が精度のあるグラウンダーのパスをスペースへ。
松下裕樹が降りぬいたミドルシュートは鮮やかにゴールネットを揺らした。

松下裕樹のキャノン砲キター

何気ないプレーの連続だったが、全てにおいて完璧だった。
風間宏希はパスの前にちらっと松下裕樹を確認しているシーンもしっかりとわかった。

何よりザスパクサツ群馬がサインプレーをしっかりと練習してきたことが頼もしい。

来たよ来たよ~何か久しぶりにワクワクする感じ。

松下裕樹のミドルシュートが、DAZNの週間ベストゴールに選ばれてます。

改めて感じた風間宏希のキック精度

2018年、ザスパクサツ群馬のコーナーキックなどセットプレーは風間宏希が担当。

風間宏希の非常に精度の高く、相手にとって嫌な場所に蹴れるキック精度は素晴らしかった。
先制点の場面も、ゴールを決めた松下裕樹が素晴らしいんだけど、風間宏希の良い所に置くようなパスも素晴らしかった。

後半は終始ブラウブリッツ秋田ペースも耐えきる

後半、ブラウブリッツ秋田は平石直人、田中智大と攻撃力のあるベンチメンバーを次々とピッチに送り出してきた。

ザスパクサツ群馬は苦しんだのは、特にサイドの平石直人。

手に負えないくらいサイドを切り刻まれました。

それでも最後のザスパクサツ群馬ゴール前では久木田紳吾や坪内秀介が身体を投げ出して守備をしてゴールを守り切りました。

頼もしいザスパクサツ群馬・布監督の修正力

ザスパクサツ群馬は、福島ユナイテッド戦から1種間で攻守両面で、しっかりと修正してきた。

布監督とスタッフ陣が素晴らしい仕事をしたんだと思うし、チームも良い方向に進んでいるんだろうと感じる。

水曜日の試合は無しで、2週連続でホーム戦を戦える。
チームを作っていく前半戦でホーム戦を連続で戦えるのは大きいし、ミッドウイークに試合をしなくて済むことはプラス。

いいイメージで次のFC琉球戦に臨めそうです。

ザスパクサツ群馬の勝利は9月10日以来らしいです。
2017年はあまりにも勝てなかったので忘れてしまいました、勝利の味。

良いもんですね~勝つって(笑)

やっぱり正田醬油スタジアムで、生の現場で勝利の味を味わいたかったです。

ザスパクサツ群馬のブラウブリッツ秋田戦勝利のツイート

https://twitter.com/OfficialThespa/status/974965983373705217

https://twitter.com/OfficialThespa/status/975253366572896261

https://twitter.com/manaitou/status/974964892934463489

https://twitter.com/takeee719/status/974943521596571649

ブラウブリッツ秋田の注目選手

ザスパクサツ群馬はスカウト能力が低いという(あくまでイメージ)なので、対戦相手から補強候補を選ぶのは一石二鳥だと思います。
2019年にザスパクサツ群馬がJ2に昇格した時に、選手補強したい選手として個人的な候補として紹介する。

藤山 智史

ブラウブリッツ秋田のボランチ。

鹿屋体育大学から加入の2年目の選手。
1年目の開幕からスタメンを勝ち取り、シーズンを通して活躍。
2年目の2018年も開幕からスタメンです。

豊富な運動量で、球際も強い。
ポジショニングもよく、ザスパクサツ群馬のパスを何度もカットしていた。
スペースを消す動きだったりケアは良くしていた(ザスパからしたら嫌な選手)
シーズンを通してプレーできるフィジカルも備わっていて素晴らしい選手だ。
年齢も若いのでまだまだ伸びしろもある。

J2昇格も目指すブラウブリッツ秋田所属だけに獲得は困難だろうが、コンタクトをとっても損は無い選手。
ザスパクサツ群馬にとってもチームの中心。松下裕樹の後継者がなかなか見つからない現状で、魅力的な選手の一人。

平石 直人

ブラウブリッツ秋田の左ウィングバック。

2016年から2017年に藤枝MYFCで活躍し、2018年からブラウブリッツ秋田に移籍。
非常にスピードがあるドリブルが持ち味で、途中出場後はザスパクサツ群馬の右サイドを何度も突破して見せた。
サイドからのクロスや、切り返して中からのシュートも素晴らしかった。
ゴールやアシストを記録してないことが今後の課題だろうけど、あのドリブルからの突破はJ2でも通用するだろう。

平石直人も大卒3年目で若くまだまだ成長していく可能性はある。

ザスパクサツ群馬にとってサイドで勝負できるアタッカーはいないタイプなので欲しいタイプの選手だと思う。

広告

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2018 All Rights Reserved.