[セレッソ1‐0群馬]本気のセレッソ・柿谷のヒールに屈し首位陥落

投稿日:

ついにこの日がやってきた。
2連勝同士で迎えた首位決戦。

ザスパはホームでセレッソ大阪はアウェーで2連勝と中身こそ違えど勝ち点6で迎えた頂上対決に変わりはない。

セレッソサポーターにとっては特別珍しくもないことかもしれないが、ザスパサポーターにとっては連勝したからこその緊張感を味わえている。
2015年、ザスパはセレッソ大阪にダブルを達成した。
それでも下位に低迷するザスパと上位のセレッソという構図があり、セレッソが負けても油断があったと言い逃れができる状態だった。
今回初めてザスパが首位、セレッソが2位という言い逃れできない真剣勝負での対戦が実現した。
ここで勝利することで、強豪クラブのセレッソ大阪に少し近づくことが出来るだろう。

スタメンは変わらず

ザスパクサツ群馬のスタメンは、FC岐阜戦、ツエーゲン金沢戦と変わらずでした。
2連勝してきているので当然ですね。
GKは清水慶記、DFラインは右から一柳夢吾・川岸祐輔・坪内秀介・高瀬優孝、ボランチは舩津徹也・松下祐樹、両ワイドは右に瀬川祐輔、左に高橋駿太、FWは小牟田洋佑と常盤聡。

前半:引き締まった試合展開で時間はあっという間に過ぎた

開始直後から、予想通りにセレッソがボールを持つ時間が長くなる。
これは大体予想できたこと。
ザスパはしっかり守備をしてから、いい形でボールを奪って縦に早くしっかりとシュートまで持っていくことが大切。
オーガナイズされた守備で危険なエリアではスペースを与えないようにしていたのと、柿谷を中心としてセレッソ大阪の攻撃コンビネーションが完全はないことに助けられました。
柿谷中心と書きましたが、セレッソには杉本、ソウザ、サントスと危険な選手はたくさんいますのですべてのエリアで気を配ることが必要で、ザスパの選手たちは集中してこれを完璧に行っていました。

誤算・一柳の怪我

一柳夢吾

前半11分頃にリカルドサントスとの接触で一柳夢吾が負傷。
17分に石川大徳との交代を余儀なくされました。
石川大徳は公式戦初出場となり、経験値の高い選手ですが守備や攻撃のコンビネーションの部分で戦力ダウンの印象はあります。

攻撃の起点作れず

守備の部分ではしっかりとできていましたが、攻撃の部分ではセレッソを崩すまでには至りませんでした。
シュートも4本に抑え込まれたように、攻撃の起点でもある小牟田にボールを納めることが出来なかったことが原因でしょう。
小牟田だけの問題ではなくパスを供給す る側にも工夫が必要だったし、セレッソのDF山下にしっかりと抑えられてしまったのも原因でしょう。
山下はJ2でも屈指のCBですので、彼を剥がせればJ2のどこのクラブにも通用すると思うので小牟田にはさらなるレベルアップを期待した。
小牟田以上に常盤が目立っていなかったのが少し心配だ。
コンディションの問題ならば一度入れ替えることも考える必要がありそうだ。
練習試合を見ていて福島遼がいい感じなので一度試してもいいように思える。

セレッソに決定機を何度か作らせたがゴールを奪わせることなく前半を終了した。
ザスパも引いて守るという印象もなく首位決戦にふさわしい引き締まった前半になった。
45分があっという間に過ぎ去った。

後半:柿谷個人にやられる

引き締まった前半を終了し、両監督がどういった修正を加えるかで試合展開が変わる。
セレッソは前半まで中央突破が多かった印象だったが後半からは両サイドがワイドに開いてピッチを広く使うようになってきた。
山村からサイドチェンジのロングボールなどボランチから両サイドに展開しながらサイドからのクロスが多くなった。

守護神・清水慶記のビッグセーブ連発

サポーター投票MOMの清水慶記

前半以上の決定機を最後の砦・ゴールキーパーの清水慶記が素晴らしい反応を見せてビッグセーブ。
後半だけでも4点くらい防いでいました。
今回もサポーター投票をして頂きましたが清水選手の独り勝ちで、後半でのビッグセーブがサポーターの印象に残ったのかもしれません。

柿谷のスーパーなゴール

ダブルタッチからヒールでシュート。

防ぎきれない個人の能力で突破されました。
柿谷個人のイマジネーションを防げないとしてもそこまでの過程で防ぐことは出来そうな過程があった。
まずは後半開始からロングボールをサイドに送ることが増えていた。
クロスはニアではなくほとんどがファーにあげられて折り返す準備をしていたこと。

ピッチで戦っている選手たちには冷静に分析できる余裕はないかもしれないので、こういった時はコーチ陣から助言があった方がいいのかもしれない。

同点のチャンスに決めきれず

ザスパにとって決定機といえば74分に舩津からのスルーパスに左サイドを抜け出した高橋駿太だろう。

キムジンヒョンとの1対1だったがうまく残した足に当たってしまった。
股下を狙っていたように見えたがこれが一番のチャンスだったろう。

まとめ

試合は1-0で終了。

結果的には柿谷の芸術的なゴールで負けたわけですが、それ以外はGK清水のビッグセーブを含めて守り切ることが出来ました。
攻撃の部分でも、セレッソのプレッシャーを掻い潜るパスワークだったりはしっかり通用することを見せてくれましたし、選手たちはしっかりと最後まで戦い抜いてくれました。

それでも結果は勝ち点を得ることが出来ない負け。
良い試合だったといえる内容でしたが、プレーオフを目指すには強豪クラブ相手のアウェーでも勝ち点1はとる必要があります。

セレッソはこれで3連勝。
2015年は攻守がバラバラという印象でしたが、今年は攻守の連動性ありますね。
今の感じだとJ1昇格しそうです。

来週は好調のカマタマーレ讃岐。
プレーオフを目指すにはホームでは絶対に負けてはいけません。
勝てば、また首位に立つ可能性もありますので期待したいです。

サポーターが選ぶMOMを投票

皆さんが選ぶ第3節ザスパクサツ群馬VSセレッソ大阪戦のMOMは?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

今回は負けましたが、もっとも活躍した選手を投票していただきました。
圧倒的に清水慶記選手でした。
2節のツエーゲン金沢戦に続いてのMOMとなりました。

清水選手のビッグセーブがあってこその引き締まった試合になりましたので当然の結果なのかもしれません。

サポーターの反応

https://twitter.com/mtmtxoxo/status/708682523992166400

 

広告
広告

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.