[札幌0-0群馬]守備陣が奮闘したザスパとナザリトのPK失敗で勝てなかったコンサドーレは引き分け

更新日:

結果として4連敗となり厳しい戦いが続くザスパクサツ群馬。
アウェーでコンサドーレ札幌と対戦しましたが0-0の引き分けとなりました。

久しぶりに勝ち点1をあげたザスパ。
J2残留を決定するために少しずつでも勝ち点を積み上げていくことは重要です。
それではコンサドーレ札幌戦を見ていきましょう。

スタメン

スタメンは前節のジュビロ磐田戦と変わりなしです。
現在考えられるベストなメンバーと言えます。

ウーゴがジュビロ磐田戦で負傷し4週間の離脱となっているのでサブにはいません。
アクレイソンが復帰しましたが、攻撃的な選手はFWの野崎桂太しかおらずスタメンの選手に期待する感じは否めません。

都倉賢

コンサドーレ札幌には小野伸二がスタメン。
元ザスパの都倉賢は怪我明けという事でベンチ。

前半、一方的なコンサドーレペース

コイントスで陣地の変更を取ったザスパ・松下キャプテン。
スタメンで勝負しなくてはいけない状況で前半勝負と踏んだのか、ザスパサポーター側に向かっての攻撃を選択したのかもしれません。
風もない札幌ドームでは珍しい事のようです。

前半からボールをキープしパスを回すのはコンサドーレ札幌。
守備は松下の危機察知能力と、ディフェンスラインも体を張った守備で何とか凌ぐ。
カウンターから何とか先制点を奪いたいザスパですが、ほとんどチャンスらしいチャンスはありませんでした。

チグハグな攻撃

気になったのはちぐはぐな攻撃。
カウンターで江坂がサイドに流れてボールを受けて、センタリングしてもペナルティーエリア付近に誰もいない状況。
ショートコーナーでクイックにやってもペナルティーエリアの中に数人しかいないとか、何かチグハグ。

それでも失点しないザスパの守備が改善したというよりも、コンサドーレ札幌の攻撃に精度が無かったからだと思います。
東京ヴェルディやジュビロ磐田ほどの攻撃の迫力や連続して襲い掛かってくるような厚みもありませんでした。

後半、PK献上も無失点で切り抜ける

後半に入っても状況を打開できる策は無し。

石井にゴールを許すもオフサイドに助けられるが、次第にナザリトにもペナルティーエリア手前でキープされる時間も増えて、いつ失点してもおかしくないという厳しい時間帯が続く。

守備の崩壊ではなく、チームとして機能せず

これまで粘り強い守備で耐えながら勝ち点を積み重ねてきたザスパだが、これほどに一方的な試合は初めて。
あまりにも守備の時間が長すぎて、このまま耐えられなくても守備陣だけの責任とは言えない。

江坂やソンスには前線でタメを作り押し上げる時間を作ってもらいたい。
小林竜樹や吉濱も守備に追われる時間が続きスタミナを消費する時間だけが過ぎ、足に来てしまい攻撃時のパスミスが多くなった。

そんな中、唯一のチャンスが小柳が上がってクロスをあげたシーン。
江坂のシュートがミートせず、ソンスへのパスになりソンスもうまくシュートしたがポジションはオフサイドだった。
江坂の所でしっかりとボールにミートしていれば先制していたのかもしれない。

シーズンも終盤に来て、守備の問題よりも攻撃の形や時間を長く作れない方が問題ではないかと思い始めた。

この試合、前後半合わせてシュートは3本で、コーナーキックは1本なんです。
コンサドーレ側で攻撃の起点やサイドの崩しが出来ていない証拠です。

ナザリトのPK失敗

そしてラスト10分にドラマが待っていました。

といっても良い方ではなく悪い方。

シュートが青木良太の手に当たってPKを献上。
ブロックに入ってのハンドだったので仕方ないでしょう。

そのPKをナザリトが外してしまいザスパにとってはラッキー

失点したら攻撃の形が出来ていない状況を考えると負ける可能性が高かっただけに良かったです。

試合終了

結果的に0-0の引き分けで終了。

何とか守り切って勝ち点1を掴みとった試合でした。

ディフェンスラインも中盤の選手も頑張って守備に重きを置いた戦いだったので攻撃の部分の良さはほとんど出せませんでしたが、ホームで巻き返してくれるでしょう。

都倉が怪我明けだったみたいですが、4試合ぶりに無失点で終われたので良しとしましょう。

残り試合が8試合で入れ替え戦圏内とは勝ち点差9。

負けを少なくし、少しずつでも勝ち点を積み重ねて行くしかないですね。
ただなるべく早い段階でJ2残留を決めたい所です。

サポーターの反応

https://twitter.com/biei0503furano/status/648014359113785345

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.