J3開幕!ザスパクサツ群馬は福島ユナイテッドに逆転負け

更新日:

ザスパクサツ群馬の新しいシーズンが始まった。

これまでのJ1昇格ではなくJ2昇格を初めて目標に掲げるシーズンインとなった。
J1昇格と聞くと現実味が無かったが、J2昇格ならば可能性は高い。
ザスパクサツ群馬が長くいたJ2ならば、夢というよりも至上命題とも言える当たり前のことになっている。

それが、早くも厳しい現実をザスパクサツ群馬の周辺に漂わせる結果を見せることになった。

J3開幕戦の福島ユナイテッド戦はザスパクサツ群馬が逆転を許して2-1で敗戦となった。

ザスパクサツ群馬は生まれ変わっていなかった

2017年、森下監督のも不遇なシーズンを過ごしたザスパクサツ群馬。
森下監督に力不足を指摘する声も多く、多くの人が監督が変われば何かが変わると思った人も多そうですが、現実は甘くなかった。

スタメンを見ると新加入が4人入っています。
ゴールキーパーのの松原修平、センターバックの久木田紳吾、ボランチの風間宏希、フォワードの大久保哲哉。
センターラインがごっそり移籍していったので、新加入選手がそのままそこに入った感じは理解できます。

それでもチームは大きく変わることは無かった。
チームに根付いた負の遺産なのか、ちょっと変えたぐらいで全てが変わる訳ではないのか
結果で見るかぎりその根は深くまで浸透しているようだ。

ザスパクサツ群馬、攻撃の軸は大久保哲哉

大久保哲哉の加入はやはり大きかった。
布監督繋がりだろうけど、加入を決めたザスパクサツ群馬のフロントを褒めたい。

J3リーグでは反則級のポストプレーでボールを前線で納める強さは、ザスパクサツ群馬の攻撃をけん引していた。
ただ、ボールをキープできても一人ではできることにも限界がある。
セカンドボールやパースコースの少なさから、大久保哲哉から攻撃の広がりはほとんど見られなかった。
選手間の距離も問題があり、今後はコンパクトさいかに保てるようになるかがザスパクサツ群馬の課題になりそうだ。

前半すぐにビデオで見てもよくわからない判定でPKを獲得し、大久保哲哉がゴールをあげたことは、ザスパクサツ群馬にとっても唯一といえるくらいのプラスな事だった。
初ゴールをあげることが難しくなる前に大久保哲哉がゴールしたことで、今後は大久保哲哉がザスパクサツ群馬の攻撃の中心になることを予感させる。

守備崩壊?1対1で勝てなければ守れない

先制はしたが、徐々に福島ユナイテッドのペースにかわる。
序盤こそ福島ユナイテッドがザスパクサツ群馬をかなりリスペクトしてくれたようだったが、単調な攻撃からスキは十分にあると思われてしまったようだ。

ハーフタイムでそのことが田坂監督から選手達に伝えられたかは分からないが、開始直後の48分にセットプレーから揺さぶられてピンポイントでゴールを許した。
この時点でザスパクサツ群馬がハードなマークが出来ていないことを露呈した。
前半から、ハードマークで福島ユナイテッドの選手の動きを封じたり出来ず、スピードに翻弄されて置いていかれたりしたザスパクサツ群馬の守備陣。

これがJ3をなめていたからならば、簡単に挽回できる。

なめるのをやめればいいから。

もし、実力差であったのなら、挽回するのは容易ではない。

ザスパクサツ群馬が逆転されたニウドのゴールも、クロスを簡単に挙げられた上、ペナルティーエリア内でセンターバックは体を前に入れられてクリアーできずに、ファーで余っていたニウドにフリーでゴールを許した。
全ての選手が先に体を入れられる結果は普通ではない。

J3開幕戦でザスパクサツ群馬の立ち位置は変わった

こうしてザスパクサツ群馬のJ3開幕戦は、勝ち点を奪うことなく終わった。

ザスパクサツ群馬が失ったのは、勝ち点だけではなくJ2降格組というブランドみたいなものも失った。
J3開幕前は、どれだけの力を見せつけられるのだろうと不安だった他クラブ分析担当も、これは勝てるんじゃないか?という希望を見出した試合でもあったと思う。

ザスパクサツ群馬のJ3リーグでの立ち位置は大きく変わった。

ザスパクサツ群馬の弱点が早くも露呈

前述の通り、守備面ではハードなマークが出来ないことと、後ろの方はベテランが多いことでスピードで苦しい点が上げられる。
攻撃面では、守備の不安からかとにかくリスクを冒してこない。
スペースを作る動きだったり、スペースに入ってくることは少なかった。
特に前の選手を追い越すことは無く福島ユナイテッドにとっては守りやすかっただろう。

この課題が解決されない限り、J3の底なし沼化は避けられないだろう。

管理人
布監督が変えてくれると期待していたけど、布監督でも厳しいのか?時間をかければできるのか?今後見守っていく必要はありそうだ。 正直、そんな時間は無いけどね。

中長期のビジョン無かったフロントのツケ

この試合のことだけじゃないんだけど、チームスタイルのための選手補強がほとんど無かったのが残念だ。

ザスパクサツ群馬は、無名な選手でもチームに合った選手をJ3やJFLからスカウトが連れてく来るようなクラブであるべきだと個人的には考えている。
将来的には育成組織から選手が出てくることが望ましいけど、まだまだ時間が掛かるので、まずは下位のカテゴリーから選手を吸い上げることが望ましいと思う。
ある程度実績がある選手を獲得することも、ザスパクサツ群馬の観客動員に好影響なので必要かもしれないが、無名でもスタイルに合う選手が必要だ。

その為にはザスパクサツ群馬のスタイルというものを早めに確立する必要がある。

今はいる選手や監督の得意とするシステムに合わせている感じだ。

管理人
J3には隠れた才能が眠っているんだよね

ザスパクサツ群馬はJ3をこう戦え

ザスパクサツ群馬の選手達は、開幕戦を終えてJ3の厳しさを改めて感じたことをコメントしてる。

次のブラウブリッツ秋田とのホーム開幕戦では力強い姿を見せてくれるだろう・・・と思う。

今からでも徹底的にスタイルを追及

対戦相手の田坂監督体制2年目の福島ユナイテッドはスタイルを確立していた。
何しろスローガンが「繋がりたおす」で、中盤からのパスワークは、ザスパクサツ群馬でも見習ってほしいレベルだった。
中盤を制圧されたザスパクサツ群馬は、ただただ下がるだけだった。

反面、ザスパクサツ群馬はどうだろう。

中央突破でもなく、サイド攻撃でもなく、カウンターをするわけでもなく、パスを繋いで崩すわけでもない。

管理人
すべてできるのが完璧だけど、どれもできない中途半端な状態になってる気がする。

ゴールはリスクを冒さなければ生まれない

サッカーはリスクを冒さないでプレーするスポーツのようなイメージだけど、どこでどれだけリスクを冒せるかでゴールが生まれるスポーツだと思ってます。
自らのポジションを捨ててボールを奪いに行ったり、ゴール前に飛び出してみたりとリスクを冒してプレーすることでゴールの確率は格段に上がる。

管理人
他の選手がリスク管理してるのがプロのプレーなんだけどね。

ザスパクサツ群馬は攻撃する時に、そういうプレーはほとんど無いです。
実際に福島ユナイテッドの田坂監督に「ザスパクサツ群馬の攻撃に怖さは感じなかった」と言われてます。

怖さ=リスク だと思っています。

ザスパクサツ群馬の選手がリスクを冒して、相手陣内に侵入すれば、相手も対応しなくてはいけなくなるので、そこにはスペースや動揺が生まれます。

次のホーム戦・ブラウブリッツ秋田戦ではどんどんリスクを冒して、相手を脅かしてもらいたいです。

管理人
もう「ザスパクサツ群馬の攻撃に怖さは感じなかった」なんて言わせないで欲しい。

次節はザスパクサツ群馬のホーム開幕戦

そして、今週末はザスパクサツ群馬のホーム戦です。

相手は2017年J3チャンピオンのブラウブリッツ秋田です。
ゴールキーパーには清水慶記もいます。
ケーキからゴール奪うの楽しみなんだよ(親しみ込めてねw)

油断は福島ユナイテッド戦で無くなったでしょう。

ザスパクサツ群馬の今シーズンを占う意味でも重要な一戦です。

管理人
連敗するようなら、マジでJ2昇格なんて言えませんよ!
それぐらいな気持ちで選手達も戦ってくれると思うので、しっかりと応援しましょう。

 

広告

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2018 All Rights Reserved.