[山形1-0群馬]清水慶記がPKストップも連敗。中村駿が良い選手だということを再確認させられる

投稿日:

連勝が3でストップしたザスパクサツ群馬。
アウェーでモンテディオ山形と対戦しました。
モンテディオ山形は、中村駿が今年から移籍したクラブ。

絶対に勝ちたかった。

中村駿にいなくても平気なんだというところを見せつけたかった。

しかし1-0で惜敗。

連勝の後に連敗してしまい、またも降格圏に突入してしまいました。

 

モンテディオ山形戦をまとめると

試合開始直後に簡単に失点

清水慶記がPKストップ

高井和馬が90%消えてる

中村駿がさらにいい選手になってた

管理人
元群馬というフレーズが多かった

パクゴンが復帰

イエローカードの累積で出場停止になっていたパクゴンがセンターバックに復帰しました。
これで最終ラインの不安定差を解消してもらえそうです。

それ以外のスタメンは変更なし。

 開始すぐの失点で流れを失う

守備の不安定解消みたいなことを書きましたが、開始3分で失点してしまいました。

チェジュンギが前に出て攻撃参加したところのこぼれ球をセンターが空いたところを突かれてしまいました。
岡庭裕貴がカバーに入ってたけど、阪野に競り合いではじかれてフリーで打たれてしまいました。
1対1で負けてしまっては話になりません。
ボランチが山岸と岡庭というのはやはり弱いな。

何でもないプレーで失点してしまう事は、無失点試合が無いことを表している。

前のプレーでザスパが攻撃する時にカン・スイルに預けるというのが完全に狙われてました。

前節の徳島ヴォルティス戦で指摘しましたが、カン・スイル頼みという攻撃はもう通用しません。

この試合では岡田翔平や高井和馬の攻撃に行った時の動きの質が求められたり、山岸・岡庭が近い距離で関われるかという部分が求められている。

カン・スイルは素晴らしい選手で厳しい状況でもボールを保持できるだろうけど、まわりの動きの質でさらにカン・スイルの良さを出せるはず。 高橋駿太はすでにうまくかかわれているし、練習が結果につながっているのだろう。

悪くない前半でした
失点シーン以外では粘り強い守備を出来ていただけに開始すぐの失点が痛い
管理人

クサビを打ち込み続けるバックライン

前半15分ごろからはザスパクサツ群馬の時間になる。

モンテディオ山形の守備をかいくぐって強気なクサビパスを入れ続けた。
時にはカットされることもあったがあきらめずにリスクを負ったパスを出し続けた。
ある程度リスクは負わないとモンテディオ山形のような強豪クラブからゴールは奪えない。

山岸祐也が負傷交代

攻撃がうまく行く中でボランチの山岸祐也が腰を痛めて鈴木崇文と交代。

これまで大きなケガはほとんどない選手だっただけに心配。

ボランチ対決では中村駿に完敗だった。
中村駿は確実にステップアップしてるだけに山岸祐也にも期待したい。

管理人
試合後の練習もしてるし大事には至らなかった模様

清水慶記がPKストップ

前半42分、コーナーキックからパクゴンがハンドをしてPKを与える。
悪質なものではなくたまたま手に当たったという感じ。イエローも無し。

ここで素晴らしいセーブを見せたのが清水慶記。

阪野もコースが甘くなったが、読み切った清水慶記の勝ち。

その後はどちらも同じくらいのチャンスとピンチを繰り返す。
どちらに試合の勝敗が転ぶか分からない前半だっただけに開始直後のミスからの失点は悔やまれる。

拮抗した時間はお互い決めきれず試合終了

高井和馬が消える

カン・スイルにどうやってかかわるかで攻撃が決まるということを書いてきましたが、前半から後半にかけて高井和馬が完全に消えています。
ここまで関わっているのは岡田翔平がほとんどで高井はボールに触ってない。
うまくかかわっている岡田翔平と高橋駿太に反して高井和馬と阿部巧はほとんど攻撃参加が無い。

ボール持ってない時の高井和馬の動きや質が悪い感じ。
ゴール前やゴールの嗅覚では素晴らしいもの持っているけど、攻撃の幅だったり、オフザボールの質はこれまでの江坂や瀬川よりも劣る。

ボール持てないから下がってきてウィングバックとかぶってるし、後ろからのドリブルはモンテディオ山形にとっては脅威じゃない。

逆に言うとこれらが良くなれば凄い選手になる余地は持っている。

後半80分に見せたゴール前での落ち着きは素晴らしかった。
高井は2トップにした方が生きる選手なのかもしれない。

攻撃に積極的な高瀬が左ウイングバックに入ればまた違う状況になるかもしれない。

管理人
いろんな意味でも高瀬優孝の復帰は待ち遠しい

石田雅俊が良い

岡田翔平に替わった石田雅俊が良かった。

2シャドーが向いているのは高井和馬ではなくて石田雅俊だろうね。
石田雅俊と岡田翔平のシャドーも観てみたい。

高井がベンチにいることで、途中交代で流れを変えられる選手をおけるという強みもある。

モンテディオ山形の守備を崩せず

ボールを少なからず持たせてくれるスタイルできたモンテディオ山形の守備を崩すことが要求されたザスパクサツ群馬。

岡田翔平がいた前半は相手を剥がすというプレーが多かったので高橋駿太と共に右サイドからゴール前にクロスを供給出来ていたが、交代してからは少なかった。

ただ、攻撃の形も作れていたし、守備も試合開始直後の失点以外は許さなかったことで引き分けに持ち込めた可能性もあっただけに惜しかった。
上位のクラブと善戦できたことはわかったが、こういう試合で勝ち点を1以上にするか、0で終わるかが上位クラブとの決定的な差に感じた。

管理人
木山監督には愛媛時代から勝たせてもらえない
管理人
これを書いているころには草津温泉でのミニキャンプ中だと思うので連携強化されていることに期待

ザスパクサツ群馬サポーターのTwitter

https://twitter.com/milo_9325/status/873933545269379072

 

 

広告
広告

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.