[群馬2-1山口]カンスイルのJ初ゴールで降格圏脱出へまた一歩

投稿日:

やっとホーム戦初勝利ですよ。

目撃者は平日のナイターということで1600人ほど。
お客さんが少ない時に良い結果を出すというのは伝統的にあるのですが、良かった。
雨が心配されてお客さんは1000人を切ることを心配しましたが、雨は小雨で助かりました。

ザスパクサツ群馬は最近の3試合で2勝1敗で結果だけを見れば調子は上向きです。
ロアッソ熊本戦もそうですがレノファ山口戦も、内容的には完璧に勝ったという内容ではありませんでした。
それでも悪い内容でも勝ち点3を拾えるようになったことは内容良くて試合に負けることよりも価値があります。

連戦を考えたスタメン

中2日での連戦が続いたのでメンバーは大幅に変更。
3バックは一柳夢吾・チェジュンギ・パクゴン。
ボランチで機能し始めたパクを3バックに戻しました。
ボランチは岡庭裕貴と山岸祐也。
山岸もボランチとしてよりも攻撃的なポジションで良さを発揮していましたがボランチに戻しました。
ウィングバックは阿部巧と高橋駿太。高橋駿太もシャドーで良さが出ていましたがウィングバックに戻しました。
シャドーは岡田翔平と高井和馬。1トップはカンスイルが連続スタメン。
加入後、1トップはカンスイルが連戦。疲れを考慮すれば変えたいところですが勝つためには外せないのかもしれません。
それだけ愛媛戦でインパクトを与えました。

ほぼ開幕戦に近いメンバーで機能していなかったポジションに戻されたメンバー構成。
守備的な選手が入っておらず攻撃的なメンバー構成とも言えます。

前半ロスタイムにザスパ先制

前からのプレスにはめたいザスパクサツ群馬と、パスで崩して裏を狙いたいレノファ山口の攻防が続いた前半。
スタメン構成でうまくいっていないポジションに戻された選手と守備がルーズで攻撃的な選手の構成なので厳しい戦いを予想したけど思ったほどでもなかった。
ゴールに近いと思ったのレノファ山口だけど、最後のシュート精度の低さに助けられた。
結果としてレノファ山口のシュートは1本で粘り強く守ったのはザスパだった。

セットプレーでの可能性

守備は粘りを見せたが攻撃はどうだったのか。

流れの中からは先制ゴールまではあまりいい形は作れなかった。
それでもセットプレーで可能性を見せた。
高橋駿太のゴール正面からのフリーキックだったり、コーナーキックではカンスイルのマークをはがす動きでゴールまであと少しと迫った。

高橋駿太のフリーキックは見る角度によってはゴールネットを揺らしたように見えた。
実際、オーロラビジョンにはゴールの文字が間違えて出たほど。
リプレイで見ても後15cmほどで枠内だった。

今年のセットプレーはいろいろと工夫が凝らされていて流れの中でゴールを奪えていない事を考えても重要になりそう。
非公開練習の意味がここに表れているとおもいたい。

持っている男・高井和馬

ヒリヒリとした展開で0-0で前半を終えるのではと思った時間帯。
ザスパの持っている男・高井和馬に通算4ゴール目が生まれる。

岡田が右サイドで阿部巧と良いコンビネーションで崩すと真ん中のカンスイルにスルーパス。
ここは山口のDFがクリアーするもゴール前にこぼれて、左サイドからゴール前に走り込んでいた高井和馬が冷静にニアサイドに流し込んだ。

DAZNにはゴールした高井よりも派手に喜ぶ森下監督の姿が映っていた。

これまでシャドーの選手のポジショニングだったり、スペースを作る動きが少ないことを指摘してきたが、山口戦での岡田翔平は素晴らしい動きでパスを引き出したことが先制点に繋がった。
やはりシャドーのポジションは動けるかが重要だ。

カンスイルのJ初ゴール

ハーフタイムに対策をされて苦戦することが多いザスパクサツ群馬。
以前ほどではないがレノファ山口のパスサッカーを止めることが出来ない。
決定的な場面もレノファ山口のミスとザスパの粘りで0で抑える。

全てが完璧なゴール

それはカンスイルがサイドを突破しようとして倒されて得たセットプレーから始まった。
セットプレーは弾かれたが、こぼれたボールをGKの清水がセンターライン付近からからロングパスでセットプレーで残っていた高橋駿太にパス。
高橋駿太は完璧なトラップでボールを足元に納めると切替して右足でクロス。
ドンピシャでカンスイルがヘッド。
カンスイルのマークを外す動きやコントロールされたヘッドはすべてが完璧だった。
セットプレーから時間のないタイミングでのクロスボールだったのでレノファ山口はボールウオッチャーになってくれた。

完璧なゴールだったがそのあとが悪かった。

すぐにレノファ山口にゴールを許したこと。
試合後のコメントでチェジュンギも気持ちをコントロールできなかったとしているが、観客も2-0というスコアに舞い上がっていた。

職人・松下を投入して試合をコントロール

松下裕樹を71分に投入。

試合のコントロールに入る。

無理に責めることもなくマイボールの時間を増やせたことは収穫だった。
私がいるバックスタンドのお客さんは攻めないことにいらだっていた方もいたが、勝っている状況で後半のあの時間帯。
ボールを奪われればカウンターの餌食になる状況で、無理攻めせず試合をコントロールしたことは素晴らしかった。

試合はそのまま終了し2-1でホーム戦初勝利をあげた。

20位のレノファ山口に勝てたことで降格圏脱出にまた近づいた。
21位のカマタマーレ讃岐とは勝ち点差2となり、次節の直接対決で勝利すれば最下位を脱出する。

カンスイル加入後、少しずつですが良い流れになっています。
攻撃面でも引っ張るカンスイルですが、再三突破され混乱した守備陣にも声をかけにくるなど勝利への貪欲さや意識の高さはザスパ全選手の中でも一番でしょう。
攻撃面でもパスを出すほかの選手達へのカンスイルの要求は高いようで新加入ながらチームを引っ張て行く存在になりつつあるようです。

守備面でも中央に入ったチェジュンギがいい感じだった。
何よりDFラインからの鋭い縦パス通せるのは川岸にない魅力。
森下監督次第だけど、対人の川岸か足元の技術のチェジュンギと悩みどころ。

ザスパサポーターが選ぶ最も活躍した選手投票

第14節ザスパクサツ群馬VSレノファ山口戦で最も活躍した選手は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

圧倒的にカンスイルでした。

それだけ2点目のゴールはサポーターへのインパクトが大きかったのでしょう。
試合後のゴール裏へのあいさつでもサポーターの心を鷲掴みしたようです。

 

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.