[水戸1‐0群馬]北関東ダービー惨敗も志村駿太がJデビュー

投稿日:

前節のジェフユナイテッド千葉戦で連敗をストップしたザスパクサツ群馬。
引き分けを生かし、北関東ダービークラシカルということで負けられない戦いでしたが、水戸ホーリーホックに1-0で敗れました。

06水戸

スタメン

ザスパクサツ群馬はフォーメーションは4-4-2ですが、スタメンを変更。
千葉戦で脳震盪を起こし負傷交代した常盤聡はベンチ外。
変わりに小林竜樹が2トップに入りました。

調子を落としていた瀬川祐輔は山岸祐也に変更。
山岸は初スタメンです。

ベンチにはユース出身の志村駿太、永井雄一郎が今シーズン初めてベンチ入りしました。

前半

前半、コイントスで水戸が風下を選択したこともあってザスパが押し気味に開始。
シーズン開幕当初に見られた速攻をするわけではなく、パスを繋ぎながら裏を狙うサッカー。
ただ決定的な攻撃は無く厳しい時間が続く。

守備では川岸・坪内を中心にしっかりと守れていたのでゴールをどう奪うかだけなんですが、それがなかなか難しいです。
小林竜樹が前線で起点になろうと動き回るんですが、そこから先に選手の動きが無かった。

ロングパスの判断を誤り失点

前半19分。

何気なく最終ラインの裏に出たロングパスの判断を誤り、川岸がボールを見る形になり体を入れられると水戸の三島にゴールを許した。
風の強い試合での浮き球処理は判断を誤るとこういった結果になっていしまうことがある。
坪内もカバーリングしたが遅れてしまった。
川岸の経験不足が招いたゴールですが、その後にあった同点のチャンスを決められなかった以上彼だけの責任とは言えないでしょう。

ザスパのミスというより、水戸がホームアドバンテージをうまく生かしたゴールだった

攻撃の歯車が噛み合わず

守備の面よりも攻撃面での迫力不足が深刻だ。
小牟田にキープさせる戦術を対策されたこともあってなのかもしれないが、ほかの選手も動き出しがなくパスの精度も低かった。
データでは前半4本のシュートを放ったことになっているがそれ以上に深刻に感じた。

小牟田にキープさせるパスの他に、最終ラインの裏を突くようなパスも使わないと水戸最終ラインからすれば読みやすい攻撃と言える。
小牟田のキープ力について言われることがあるが、キープするとわかられてプレーされてはボールをキープするのは難しい。
左サイドを誰にするかという問題があるが高橋駿太をツートップで1度試してもいいかもしれない。

後半

負けられないザスパは後半に攻勢をかけてくる。
中盤での水戸のプレスが弱まったこともあって、中盤でうまくボールを廻せるようになった。

瀬川が途中出場

後半62分に高橋駿太に変えて瀬川祐輔を投入。
瀬川を右サイドにして山岸が左サイドに移った。

瀬川のドリブルが加わったことで中盤での圧力を増すことになり、ザスパの攻撃がシュートまでいけるようになります。
サイドの瀬川がボランチもつり出すことで真ん中で舩津がフリーになったシュートなどあったが、シュート精度に問題がありゴールまでは至りませんでした。
それでも前半とは見違える攻撃を見せました。

永井・志村を投入するもゴール奪えず

志村駿太

後半82分に石川に替えて永井雄一郎、88分に山岸に替えて志村駿太を投入。
志村はJリーグデビューとなった。

永井は短い時間の中存在感を示したが、志村にとっては荷が重すぎたか厳しいデビューとなった。
それでも久しぶりのユース出身のデビューはうれしかった。
今後は結果を残す必要がある。

二人が入って完全に押せ押せのザスパ。

瀬川、小牟田にチャンスが訪れたがゴールは奪えず試合終了。
一つのミスで勝ち点を奪えなかった結果となったが、勝利への執念という部分でザスパにはまだ足りない部分があるような気がする。
選手は気持ちの部分をプレーで見せていかないと今後も勝ち点を落とし続ける時期が続く気がしてならない。
松下・坪内というベテランが危機感を口にしていたがチーム全体で共有できているのか見えないのが気がかりだ。

北関東ダービーに負ける意味が薄れているというか、もともとそれほどの意味もない訳なのでダービーが冠マッチ的商業的な利用のされ方は残念だ。
ダービーに負けるという事が勝ち点3以上の何かを失うとかリーグ戦に関係なく勝利が必要だとかのコメントもないのは寂しい。

あまり良い事が書けなくなってきたのが悔しいです。
本当は明るい事も書きたいんですが光も見えないんですよね。

次節の京都戦では新たなことが見えたので期待していてください。(これ書いている時はすでに京都戦終わってますw)

広告
広告

-
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.