[愛媛3-0群馬]松下のイエローとヨンスンのレッド。3失点大敗より痛すぎる次節出場停止

更新日:

徐々にではあるが攻守両面が噛み合い始めてザスパクサツ群馬は4試合負け無し。
セレッソ大阪を相手に連勝を決めて今シーズン初めての3連勝を目指して臨んだアウェー愛媛FC戦ですが3-0という完敗。
愛媛FCとは第7節にザスパホームで対戦し、0-1の敗戦をしていますのでシーズンダブルを決められてしまいました。

それではアウェー愛媛FC戦を見ていきましょう。

スタメン

セレッソ大阪戦からスタメンの変更は無し。

ベンチに横山翔平が戻ってきました。
ここ最近、わかやま国体に出ていた川岸と小牟田が活躍しているので翔平にも期待がかかります。

前半、プレーオフ争いしているクラブとの差

試合開始直後のザスパは悪くありませんでした。
球際も厳しく行けていたのですが、愛媛の出足の鋭さに徐々に押し込まれる。

江坂・吉濱というザスパにとってのストロングポイントもスペースと時間が与えてもらえず、攻撃の形を作れずにいる。

セットプレーから失点

これがプレーオフ争いしている愛媛FCと、そうではないザスパクサツ群馬の決定的な差でしょうか。

コーナーキックをショートコーナーで愛媛FCに目線を動かさられると、逆サイドから折り返されると西田にゴールを許しました。
逆サイドへのクロスの時点で、ペナルティーエリアにいたザスパの選手はボールウオッチャーとなり、それを見て西田はしっかりとバックステップを踏んで裏をとっていました。

なんとか先制点を取られずに、自分達の時間を作るまでは耐えたかったのですが、ザスパクサツ群馬はこれで苦しくなりました。
セットプレーからもしっかりと得点を奪えるというのが、プレーオフ争いをしている愛媛FCとの差かなと痛感しました。

サイドの攻防で敗れる

愛媛FCは3-4-2-1という3バックのフォーメーションを採用しているのでディフェンスラインのサイドのスペースを上手く使いたかったのですが、ウイングバックの選手の上下運動がしっかりとやられるので江坂と吉濱が抑えられてしまいました。
最終ラインもコンパクトにしてきてスペースを作らせない上手い守備をされてしまいました。
これもすべて愛媛が先制点をあげて優位に試合を進めていることが言えます。

高い最終ラインの裏にパスを繋げれば、間延びもするだろうけど、そういったパスが出されることは前半ではありませんでした。

加えて、攻守の切り替えもザスパを上回って早く、ザスパ得意のカウンターをさせてもらえませんでした。
愛媛は4戦勝ちなしだったの修正してきたのかもしれません。

サイドの攻防で敗れたザスパクサツ群馬は、江坂・吉濱という攻撃の中心が守備に戻る時間が増えていきます。

愛媛ペースで前半終了。
ザスパクサツ群馬は逆転に向けて、小牟田にボールを預けて、スペースの無い中どうやって裏を狙っていくかが課題となる後半へ

後半、退場者を出し3失点

前半同様、愛媛FCペースで試合は進む。

ザスパは必死にディフェンスラインで跳ね返すも、セカンドボールが拾えず2次攻撃、3次攻撃と次々に出てくる愛媛FCの選手を捕まえ切れずに苦しい時間帯が続く。

ウーゴとユンヨンスンを投入

攻撃の糸口が全く見えないザスパは次第に攻守において後れを取ってくる。

服部監督はウーゴとユンヨンスンを投入して、流れを変えようと試みる。
ウーゴはトップ下、ヨンスンは左サイドに入って、得点感覚のある江坂を1トップにしてゴールを狙うフォーメーションに変更。
攻撃陣に刺激を与える。

松下祐樹のイエローカード

松下裕樹

そんな中、悲劇は起きた。

楔の折り返しをミスしたことで危険を察知した松下裕樹が愛媛の選手を後ろから倒してしまう。
これはもちろんイエローカードで今シーズン12枚目のイエローカードとなり、次節以降2試合の出場停止となった。
松下のチームへの貢献という意味からも一番カードをもらう役目なんだけど、次節から厳しくなりました。

ユンヨンスンのレッドカード

アップするユンヨンスン

ユンヨンスンの特徴として、球際で厳しくいくという事があげられるが、愛媛FC戦では悪い方に出てしまった。

ボールを奪われた直後にパスを出した愛媛の選手の膝あたりにスライディング。
アフター気味に行っているのと、ボールを奪われた直後に報復気味にボールのない所にスライディングしているのでレフリーへの心象は良くなかったかもしれません。

レフリーの判断なのでわかりませんがイエローカードで注意でも良かったかなと思います。
前回の愛媛FCとの対戦でも有薗が退場していて、なんとも不運です。

3バックにしてまずは1点

退場者をだしたザスパクサツ群馬は、江坂を左サイドに下げて4-4-1のフォーメーションに変更。
1トップはウーゴにしてキープしてからのカウンター1発を狙っていきます。

さらに横山翔平を投入して3バックに変更。まずは同点を狙いに行きます。まだ1点差なので何が起こるかわかりません。

これが裏目に出て愛媛に追加点・・・さらに3失点目。

同点狙って攻撃的に行った結果なのでしょうがありません。あのままいっても1-0で負けていた訳だし。

そしてそのまま3-0で敗戦となりました。

まとめ

ザスパは前半の早い時間帯に先制点を許してしまい、愛媛FCにしっかりと守られてしまったことでスペースを必要とする江坂・吉濱といった攻撃の強みが活かせませんでした。

愛媛FC戦で勝ち点を積み重ねられなかった事と、大分トリニータが勝ったことで降格圏とは勝ち点差9と縮まってしまいました。
あと残り4試合で勝ち点差9なので余裕はないので、そろそろJ2残留は決めたいです。
次節以降の2試合は守備の要・松下裕樹も出場停止なので厳しい戦いが待っています。

ただ、サポーターは選手を信じる事が必要だし、選手は自分達のプレーにもっと自信を持つべきだ。

3試合を戦って2勝1敗しただけのこと。

選手が自信を持ってプレーした時、3連勝は簡単にできると信じています。

サポーターの反応

https://twitter.com/biei0503furano/status/658258517644591104

 

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.