[岡山3-0群馬]2連続3失点で守備崩壊で3連敗。ユンヨンスンがJリーグデビュー

更新日:

前節、東京ヴェルディ戦で守備も崩壊し3失点、上位陣との力の違いを見せつけられたザスパクサツ群馬。
アウェーですが順位の下のファジアーノ岡山にきっちり勝ちたかったですがまたも守備が崩壊し3-0の完敗でした。

それではそのファジアーノ岡山戦を見ていきましょう。

スタメンに乾が復帰

ザスパのスタメンは東京ヴェルディ戦で3失点したこともあり、センターバックの青木良太に代わり乾大知がスタメンに復帰
ボランチも坂井洋平に代わってアクレイソンを起用してきました。
右サイドも小柳達司から久富良輔に変更。
久富のスタメンは第17節栃木SC戦以来となりました。
失点の原因ではないと思いますが、何かしらの変化を付けないと変わらないという服部監督の考えだと推測します。

前線の選手達は変りません。

サブにはウーゴとユンヨンスンが東京ヴェルディ戦同様にメンバー入りしています。

前半

試合開始直後からスカパーの解説者に「ザスパの守備陣は眠っている」と評されていましたがその通りの展開。

次々に走り込んでくるファジアーノの選手達を捕まえ切れずに進入を許します。
プレッシャーも甘く、ファジアーノ岡山の選手は自由に攻撃の形を作っていきます。
押谷・片山・伊藤という前線3選手を捕まえ切れないのは3-6-1というフォーメーションだけの影響ではないでしょう。

ボランチの松下裕樹が一人奮闘しますが限界がありました。
アクレイソンとのコンビネーションは上手くいっていなかった。
久しぶりのコンビなので、終盤に来てもアクレイソンとのコミュニケーション不足は解消されていないのかも。

立て続けに2失点

眠っていた守備陣は何とか粘り強く耐え続けてきましたがついに失点。

1失点目はアクレイソンがファールを受けたリスタートをクイックで始めて吉濱へ。
吉濱からソンスにパスが出ますがトラップミス。
岡山陣内から押谷へロングボールが入りキープされると、走り込んできた伊藤にゴールを決められる。
中盤の選手達の戻りもファジアーノの選手達より一歩遅れていたし、押谷へのプレスも甘かった。
ペナルティーエリア内で上手くボールを保持された時点で勝負あったのかもしれない。

悪かったのはその後。

キックオフからのザスパボールを簡単に奪われると中盤でのプレスもはまらず、あっさりとDFラインの裏もとられる始末。
必死にプレスバックするも押し上げてきた矢島にゴールを奪われる。
ファジアーノのボール奪取は矢島から始まっていて、最後も矢島にゴールを奪われた。

ザスパクサツ群馬のボランチとDFラインの連携は完全に崩壊。
連勝時に見せていた選手の距離感だったりボールホルダーへのプレッシングを思い出して欲しい。

前半7本のシュートを浴びたザスパですがそれ以上にファジアーノに支配され押し込まれた印象でした。

後半

後半開始からソンスに変えてウーゴを投入。
2失点した以上早めに得点の形を作りたいという服部監督の意図なんでしょう。

ウーゴが入ったことでザスパの攻撃の圧力が増したこと、ファジアーノが前半で2点を先制したことで守備的になったことでザスパは徐々に攻撃のリズムを掴んでくる。
攻撃の起点という意味ではソンスよりウーゴの方が、この試合の出来は良かった。

ウーゴが流れを変える

ウーゴがパスをうまく引き出すことで吉濱や小林竜樹が前向きでボールを持てる時間ができ始めたことも良かった。
吉濱がボールを持てるようになり、江坂とのコンビネーションも生まれ始める。

ウーゴはゴールを奪うだけではなく組立の部分でも期待できそうだ。

立ちはだかったファジアーノのGK中林

ウーゴが入ったことで機能し始めたザスパ攻撃陣。
決定的なシュートまで持ち込むことが出来るようになったが、ゴール前でGKの中林が立ちはだかった。
枠内シュートで惜しかったのは吉濱2本、ウーゴに1本はあったように感じる。これが決まっていればという思いはあります。

ただ後半開始すぐからザスパにとって良い時間でゴールを奪いたかったがそれができなかった。

松下の1ボランチで攻守のバランスは崩壊

形ができ始めたがゴールが奪えないザスパは負傷したアクレイソンに変えてユンヨンスンを投入。
ヨンスンはJリーグデビューとなったが決定的な仕事は出来ずに苦いデビュー戦となった。

アップするユンヨンスン

ヨンスンは右サイドに、左サイドにウーゴ、トップ下に吉濱と竜樹が入る布陣に変更しよえり攻撃的にシフトします。

結果的にはこれが裏目。

攻撃からのプレスバックがほとんどなくなり、伊藤から押谷へのパスの時点では両者はフリーとなり余裕をもってゴールを奪われました。

点を取りに行っての失点なのでしかたは無いのかもしれませんが、今のザスパに4得点をあげる力は無く試合を決める3点目となってしまいました。

基本を思い出せ

このまま3-0で試合終了。

ザスパの良い時の攻守の切り替え・球際の厳しさ・縦に速い攻撃という部分がほとんどできていませんでした。

これらができて初めて粘り強い守備ができて、攻撃の形も見えてくる。
後半の攻撃が活性化した時間帯はボランチを1枚減らして攻守のバランスを失ってからの攻撃なので、そうしなくても出来なくてはいけない。

ファジアーノは、江坂・吉濱に自由を与えない守備をしてきた。
今後もこういうザスパ対策が続くと思うので江坂と吉濱の奮起に期待しつつ他の選手も2人を頼らない攻撃の組立も行ってほしい。

毎年のことではあるが、後半戦のこの時期は守備の崩壊が起こるなぁ。
何とか改善して欲しい

この連敗でプレーオフどころか降格争いも視野に入ってきた。
この暗いトンネルから抜け出すための光を早くに見つけたい。

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.