[サンガ0-1ザスパ]オリベイラの初ゴールと富居のビッグセーブで連勝

更新日:

日程の都合上、アウェー2連戦のザスパ。
京都サンガとアウェー対戦です。
ここから京都サンガ、アビスパ福岡と上位対決が続き楽な対戦は無い中で、京都サンガに0-1で勝利

2015年シーズン初めての連勝と結果だけ見ると良かったのですが、京都の決定力の無さ、富居のスーパーセーブと薄氷の中での勝利でした。
ただオリベイラのゴールが無ければ勝てなかったのも事実。
服部監督のコメントにもある通り、少ないチャンスをモノにして粘り強く戦っていくしかないですね。

小牟田・竜樹は京都遠征に帯同せず

讃岐戦で怪我した小牟田洋佑・小林竜樹が帯同せず、スタメンには野崎桂太・ファンソンスが入りました。
ソンスがトップ下に入る形はこの試合が初めてでした(讃岐戦で試してますけど)
右サイドに吉濱に変わって永井雄一郎が久しぶりのスタメンです。
連戦なのでターンオーバーしたい所だけど讃岐戦が良かっただけに他のメンバーは変わらず。

前半・開始直後の京都サンガの攻撃をしのぐ

試合開始10分間はザスパがバタバタする展開。
自ら落ち着きを無くしてたようにボール保持者へのアプローチが遅れる→展開されるという危険なパターン。
ただ10分耐えたあたりから落ち着きを取り戻す。
特にこの試合もボランチコンビ、松下とアクレイソンが中盤で奮闘。
守備では危険なパスをパスカットしたり、攻撃では両サイドであったり縦パスであったりと攻撃の起点になっていました。
服部ザスパは縦への速い攻撃が今年の標榜。
ボランチからの縦パスが生命線です。

ザスパペースも決定的なチャンスは無し

徐々にザスパペース。
京都サンガの守備はバイタルでは割とルーズでボールウオッチャーになる傾向がありザスパにとってはやりやすい相手。
ゴール前までは行けるのですが最後の部分で山口智が立ちはだかりチャンスは生まれませんでした。

京都サンガの危険なセットプレー

攻撃の連携が噛み合ってないのは京都サンガも同じ。
昨年の得点王・大黒をスタメンから外し若手起用にシフトしているようですが上手くいってないようです。
ただセットプレーは別です。
個人の能力が高い京都だけにセットプレーではチャンスを作ってきます。
決定的だった田森のヘッドは富居大樹のスーパーセーブでブロック
その後もシュートをフリーで打たれる場面がありセットプレーでの守備に課題がありそうです。
京都サンガの決定力の無さにも助けられました。

ソンスの前線からのチェイス

ソンス

トップ下に入ったファンソンスが京都DFラインでのボール回しを楽に指せないことでセットプレー以外での攻撃はそれほど怖くありませんでした。
野崎とソンスの守備貢献は非常に高かったです。
相手ゴール近くでのパスカットから江坂のドリブルからのカウンターなど先制点が取りたいザスパにとってチャンスでしたがゴールを奪えず。

後半・京都が手放しザスパが掴んだ中盤の支配

京都サンガの攻撃をしのぎながらザスパが少ないチャンス狙う前半でしたが、後半も開始から同じ展開。
連戦の疲れや気温の上昇から京都のバイタルエリアにもスペースが生まれる。

交代で入った吉濱が仕掛けて、江坂が落としたボールをアクレイソンがクロスバーを叩くシュートを放ったり、中盤のボール回しからソンス、久富を経由してのチャンスなど徐々にザスパペースとなってきます。
ザスパが中盤を支配しだしたというよりも、バヤリッツァや田森の負傷で中盤の構成力が無くなって京都が手放した感じでした。

アクレイソンや松下がボールを簡単に配給できる時間が続く。

オリベイラの個人技からの決勝ゴール

オリベイラ

そして歓喜の瞬間は訪れる。

江坂のボールキープから川島がサイドを駆け上がり、途中交代していたオリベイラへパス。
素晴らしい切返しからのシュートがサイドネットに突き刺さりました。
オリベイラの来日初ゴールがこの試合の決勝点となります。
テクニックの素晴らしさはあったけど練習態度であったり、守備の意識の低さであったりでスタメンに定着できていないオリベイラですが、ついにベールを脱ぎました。
ブラジル人アタッカーの誰もが通る日本独特の環境に慣れる必要性がやっと順応できたという事なんでしょう。
これで一皮むけてゴールやアシストを量産してくれるでしょう。

富居のビックセーブ

富居大樹

試合終盤、交代で入ってきたダニエルロビーニョがゴールを襲いますが、ゴールキーパーの富居がビックセーブを連発
尽く立ちはだかりました。
ダニエルロビーニョは昨年までザスパに在籍し、恩返し弾したかったようですがさせませんよ。

連勝で試合終了

0-1で試合終了し勝ち点3を手にしました。
オリベイラの素晴らしいゴールが目立ちますが、ソンス・アクレイソン・松下らの中盤の守備であったり、富居大樹のスーパーセーブなど全体的に素晴らしいプレーが多かったと思います。
合計16本のシュートを放ちながら得点が奪えなかった京都サンガの決定力の無さにも助けられました。
そんな試合でも勝ち切る力が付き始めているのかもしれません。

https://twitter.com/navy_tshirt/status/594769275757334528

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.