ジェフ千葉に敗れて6連敗。ザスパの2得点が今後につながるか

更新日:

今回はスカパー観戦。

岐阜とのアウェー戦でついに5連敗したザスパクサツ群馬。
GWのアウェー2連戦はジェフ千葉との一戦です。
アウェーながら連敗を止めなくてはいけないザスパクサツ群馬。フクダ電子アリーナで勝ち点3をとるのは簡単な事ではありません。

アグレッシブな前線からの守備から先制

前半開始から、永田のDFラインの裏への動き、前からのプレスでアグレッシブに行き、次第にゲームの流れを引き寄せるザスパ。
守備の時は5-3のラインになりそこからのビルドアップに課題のあるクサツですが、アビスパ福岡戦の頃から縦パスへの意識が高い気がします。
中盤からFWに当ててボランチに戻して2列目の選手がFW追い越してもらう感じは練習しているなという感じ。かなり出来ていました。
その分サイドに人数を掛けずに展開できて、中の人数しかもフリーな形で揃えている。

ジェフ千葉のペースを打破した青木の個人技

対して千葉は連敗していることで、前半からかなり焦ってプレーしている印象。
ミスが多く、クロスの精度は悪かったです。それでもゴール前に迫る回数はジェフ千葉の方が多く、次第に前半はジェフ千葉ペース。
千葉のミスに助けられてはいたが、千葉の時間帯に点が入れられなかったことでクサツペースになる。
前半終了間際、良い形を作れていなかったが、スローインから集中してたのはクサツ。青木スローイン竜樹のスルーパス青木のまた抜きシュートは綺麗だった。
残念なのはその後の追加点のチャンスに決めきれなかったのは痛い。

前半から気になるのはハンジンのプレーが軽いこと。今年のモチベーションは低いのか?と思わせる気持ちの入っていないプレーが多いのは少し気になる。
札幌戦でのミスについて、髪の毛を切ることよりもプレーで見せて欲しい。
永田亮太はFWのポジションに入ることでDFラインに張り付かずにスペースでボール受ける姿勢があり、フリーで起点になっていた。
ダニエルロビーニョとうまくギャップを作ってボールをお互い引き出していたのは良かった。

少ないチャンスを掴んだザスパ。またもや若さが出る

そんな中追加点を決めたのはザスパクサツ群馬。
2点目のシーン決めた瀬川、ドリブル突破した青木もよかったが、ゴール前に小林竜樹・ダニエルロビーニョ・夛田が入っていたこともよかった。
でもその後の夛田がロングボールの目測を誤って相手に体入れられてファールして、そのFKから失点したのが痛い。
あの辺りはシンプルなプレー、落ち着いたプレーに徹して欲しかった。ゴールして落ち着きをなくしたのはザスパクサツ群馬だったの明らか。

その後息を吹き返したジェフ千葉の猛攻を止められなかった。
大塚のループはもうあのスペースに出された時点で詰んでた。耐える時間帯だったし瀬川はあがるべきじゃなかった。
あのあたりのゲームマネージメントが瀬川本人というより、チームで出来ていない所が若さなのかな。
やっぱりベテラン一人欲しいな。

サブとの実力差が試合を決めた

その後、ザスパクサツ群馬の選手は暑さと連戦の疲れから足が止まり始めるが秋葉監督は選手を交代しない。
秋葉監督を擁護する訳ではないが、交代したくても交代できないのが実情だと思う。
疲れていても質の高い選手に賭けたいと思うのは当然だと思う。
永田亮太→大津、小林竜樹→横山、青木孝太→宮崎という交代は試合の流れを変えられるほどのチカラはない。
今シーズン、練習試合を見ていても簡単に交代できないレベルにないのはわかるような気がする。
逆転されたケンペスのゴールも前で大津が空振りしてた。

最終的には交代選手の質がジェフ千葉との差だったと思った。スタメンの選手とサブの選手の差を埋めることがこれからの課題になりそうだ。
5連敗はしたものの2点取れたことは唯一の救い。次節からホームでの2連戦。得点を取って勝ち点3を積み上げてほしい。

サポーターの反応


https://twitter.com/1005Zasupa/status/462515996054405120
https://twitter.com/harutkharu/status/462515963154284544

結果として印象は2つに分かれている。
光明がみえるか、監督やめるか。反応は様々なようです。

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.