[群馬3-2愛媛]秋葉サッカー集大成に選手達の自信と意地を見た

更新日:

2014年シーズン最後のザスパクサツ群馬のホームゲームで最終戦の愛媛FC戦は粘りぬいた末の3-2で勝ちました。
2年間秋葉監督の元ボールを保持するポゼッションサッカーを貫き、最後はその秋葉サッカーで勝利で締めくくりました。

スポンサーリンク

広告

今シーズンは春から怪我人に苦しみましたが、この日はサブも含めて今シーズンの理想的なメンバーといえました。
今年一番成長したといえる富居大樹・ダニエルロビーニョ・瀬川和樹。
1年間通して試合に出続けたクオンハンジン・小柳達司など平繁や青木孝太といったビックネームよりも今年は底上げが凄かった。

スタメン

そんなメンバーが最後の試合に揃って良かった。

貫いたポゼッションサッカー

前半から愛媛はハイプレスとDFラインをあげてコンパクトなサッカーを徹底してきたことで、ザスパクサツ群馬は細かくパスを繋ぐサッカーをしたことで苦しめられる。
正直言うと、DFラインの裏にダニエルロビーニョか平繁を走らせてそこを起点に攻めた方が良いのでは?と思うほど愛媛の裏のスペースは広大だった。
それをせずに選手達はこれまでやってきた細かいパスをつなぎながら相手を崩すアクションサッカーを貫いた。

前半から後半にかけて平繁がロングボールからDFラインの裏を狙う動きを見せたのは1度だけだったと思う。
後は常にDFラインの間で楔を受ける動きを続け、パスワークから崩す動きをし続けた。
相手に読まれても常に秋葉サッカーを続けた選手達の意地と自信を見ました。

交代選手も含めた総合力で勝利

ザスパクサツ群馬は失点直後から青木孝太・永田亮太・エデルと攻撃的な選手を交代出場させた。
この3選手がこれまでの流れを一変させた。
エデル・平繁・ダニエルロビーニョが前線で激しくポジションチェンジを繰り返し、愛媛DFラインは混乱。
この3人誰をフリーにしても危険すぎる。
そして捕まえ切れなくなったダニエルロビーニョに同点ゴールが生まれた。

ダニエルロビーニョと抱擁

対戦相手の愛媛FCもリスペクトしなければならない。
本当にザスパクサツ群馬のことを研究していて嫌な部分、プレスの甘い部分を攻めてくる。
特に永田・瀬川の左サイドは守備の部分で寄せが甘く狙われた。

それでもここはザスパのホーム・正田醤油スタジアム。引き立て役に回ってもらった。

エデル執念のゴール

青木孝太、執念のゴール

青木孝太の執念のゴールからもう押せ押せ。
スタジアム全体はザスパの逆転を信じて大声援。

エデルのゴールに集まるイレブン

最後は声援にこたえるようにエデルが逆転ゴール。

今シーズンのエデルは怪我に苦しみ、本来の力を出せなかっただけに最後にゴールを決めて良かった。

2年間の秋葉サッカーが最後は逆転で試合終了。
終わりよければすべてよし。
いろいろあったけど最後は笑って終われた。

秋葉監督挨拶

秋葉監督の挨拶を聞く選手達の顔みてください。本当にいい顔してます。
信頼されていたというのが伝わってきます。

最終戦前に契約更新しない選手発表されないと、選手みんなにありがとうの感情しか湧いてこない。

 素晴らしきサポーター

最後にコレオの写真を少し。星形きれい

ザスパゴール裏コレオ

ザスパホーム側コレオ

規模は小さいですが素晴らしかったです。

さらに後半開始時にメイン・バックスタンド含めて全員が立って拍手する姿は初めてでしたが素晴らしかったです。
これが後半逆転する選手達の力になっていたのは間違いないでしょう。

私も少しでも力になれて良かったです。

そしてこういった企画・実行をしているコアサポーターの中心の皆さんには感謝したいです。

広告
広告

-
-, ,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.