J2第9節 福岡に逆転負けで4連敗

更新日:

GWの過酷な連戦が始まる中、ザスパクサツ群馬は連敗スタート。福岡に先制したものの逆転負けで敗戦。4連敗となりました。

いまだエースの平繁は復帰せず、永田・ダニエルロビーニョのツートップとなりました。

ザスパクサツ群馬VSアビスパ福岡

開始直後に先制

試合は前半からザスパペース。
前節までの消極的な試合展開ではなく、ボールを縦へと早く運ぶ気持ちがかなりありました。
坂井洋平から永田・青木の前線への効果的なパスが多かったと思います。
また足元だけではなくスペースへボールを出したり、逆サイドへの展開も多く、福岡に取り所を絞らせない攻撃ができていました。
その結果、開始4分で永田がゴール前でごちゃごちゃした中で先制点をもぎ取ります。

先制ゴールの永田亮太

今日は違うな!という雰囲気がスタジアムを包みます。

その後も決定的なチャンスが数度訪れましたがこれを決めきれなかった。このあたりが流れを変えるきっかけとなっていました。
福岡の守備にも助けられていました。走ってボールを追う選手は限られザスパにスペースを与えてくれました。
ですが福岡の監督もその辺りにすぐに気づき、後半開始で外国人二人に替えて森村・石津を入れて後半はスペースを与えてくれず、攻撃時は1ボランチの両脇に張り付き、青木孝太・小林竜樹が前に上がれない状況を作り出されてしまいました。

後半は守備に回る時間が多かったものの、カウンターを狙って選手も粘り強く攻守に奮闘。
残り15分で守備的な乾を疲れが出てきた青木孝太に替えて投入。秋葉監督は試合をクロージングしてきます。
本当だったら守りきる流れでした。

ところがその乾大知のトラップミスからカウンターを浴び、ペナルティエリア手前で、乾がファールで止める羽目に。
こなあたりで選手は冷静さを失います。壁を作ることに気を取られ、フリーの選手が出来ていることに気づかず、あっさり同点ゴール。
3分後には崩されてあっさり逆転を許しました。

泣くな!乾大知

精神的な脆さ露呈。精神的な支柱が必要

この試合の問題点はやはり精神的な弱さを露呈したと感じます。
失点の原因を作ったのは確かに乾大知ですが、その後のカバーを誰もしていないこと。
セットプレー時に落ち着かせる選手がいない所か、全員が浮足立ってしまったこと。
あの時点でザスパが先制し、勝っていたのにです。

これでは秋葉監督の戦術・選手の技術うんぬんの前の話です。試合中に落ち着かせてくれる選手がやはり必要です。
平繁もですが、せっかく獲得したベテランが早く戻ってきてほしいです。

秋葉監督の判断の遅さも気になります。この日は最高気温24度とかなり暑く中盤の選手はかなり消耗していました。
相手が前がかりになってきたのでカウンターを狙うなら前の選手に替えて宮崎泰右をもっと早めに入れてもよかったのかなと思います。

3連敗が監督・選手の判断に影響を及ぼしていたのでしょうね。そろそろ断ち切らないと抜け出せそうにありません。

ザスパ負け

観客2,100人は問題。解決策は?

サポーター席

この試合の観客数は2100人でした。開場後から試合開始前までのお客さんの入りはお世辞にも多いとは言えない。というより少ないと明らかにわかるほどの空席が多かった。
土曜日1時開催でこの現状は正直まずいです。メディアの協力で宣伝になっているのにこの現状はまずいです。
何年か前の水曜ナイター開催で雨の日でも1500人くらい入っていましたよ。
それを考えるとこの日のお客さんはその頃から変わってないという現状です。

集客の解決策を考えてみた

あの頃からスタンドもよくなったし、オーロラビジョンも出来たしその辺りの施設を活用できる事ないでしょうか?

  • オーロラビジョンにカップル限定で映し出してラブラブな所をアピールするとか?
  • サプライズで客席に選手が登場するとか?
  • 試合前のゴールシーンのVTRが気分が盛り上がるので、選手の試合への意気込み流すとか?
  • 試合前にサポーターにインタビューしといてそれを流す

これは来てくれた人向けのサービスです。では来てもらうにはどうしたらいいのか?

  • ビール券つきのチケットまたはチケットを見せるとビールがもらえる(ナイター向け)
  • とにかくチケットを配る(引換券)県内の少年サッカー関連限定

まず見に来てくれた人を楽しませるのが大事。というわけでサッカーに興味のありそうなサッカーに関わる人限定でタダ券を配りましょう。
やみくもに配っても来てくれません。そして来てくれた人が楽しめれば、リピートや他の人を呼んでくれると思います。

サッカーの試合を見ることは当たり前なのでそれ以外の楽しめる事があると良いですね。
それはスタンドも巻き込んだ形が良いと思います。

これらは個人的に考えたことですが、ザスパクサツ群馬のスタッフの方がもっと楽しいイベントを考えてくれることに期待します。

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.