[讃岐1-0群馬]ザスパクサツ群馬が4連勝目指すもカマタマーレに惜敗

更新日:

ザスパクサツ群馬が3連勝で臨んだアウェーカマタマーレ讃岐戦。秋葉監督退任の発表の効果が切れたかのように別のチームとなり0-1で敗戦。
讃岐とはホームで1-0で勝利していたのですが、プレーオフ圏内への望みには痛すぎる敗戦となりました。

スポンサーリンク

広告

Kamatama-UDON (Kamatama is that warm topped with egg noodles.)

ザスパクサツ群馬は3連勝した前節・栃木戦から先発を替えて、動ける竜樹→宮崎、小柳→瀬川とした。温存でしょうか?
竜樹を外したのは痛かったです。攻撃時ボランチからFWまでのボールを繋ぐ役目、スペースを作る動きが少なく運べません。
特に讃岐は引いてしっかりと守るので、スペースをうまく作りださないと手詰まりになります。
実際にサイドまではボールを運べるものの、そこからは攻めることができていませんでした。
3連勝している頃はサイドチェンジや細かいパスで崩しができていたんですが、この試合ではなかった。

失点してからは讃岐の完全な守備体系に苦戦。
前節も指摘した攻撃的ポジションでのアイディアが無い。
サイドに展開してのクロス一辺倒では高さの無いFW二人ではノーチャンスです。
クロスは再三あげていましたがこぼれ球を狙うというギャンブルに近い攻撃でただただ時間を使ってしまいました。
もう少しワンタッチパスやワンツーなどの崩しがあっても良かったですね。

細かいミスもあったけど、ザスパの良い時は前からの守備でショートカウンターが多く、引いて守る相手は苦手。
もう少し裏のスペースに流れる動きだったり、早めのクロスだったりアイディアが欲しかった。
連勝していた時はリスクを負ったパスが多かったのに讃岐戦では、失敗したくないという思いが強かったのかも。
失点することで4連勝を逃したくないという守りの気持ちが勝つしかないという讃岐に負けていたのかもしれない。

今回の敗戦で、プレーオフ圏内について言う資格もなくなりました。
残留についても圏内の讃岐と勝ち点13差と縮まりましたが残り7試合なのでほぼ安全圏でしょう(たぶん)。
これによって1試合1試合に全力で立ち向かうしかないので次節からも勝ち続けられるよう、来シーズンに向けても頑張ってもらいたいです。

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.