[群馬1-3松本]松本山雅が見せた勝つサッカーに完敗も、このままでは終わらない

更新日:

今日ほど完敗と思える試合はなかった。
松本山雅の勝つサッカーに敗れた。山雅のサッカーは勝つということにこだわっているなと感じた。
良い内容とか面白いサッカーとかではなくとにかく結果に重きを置く。
勝つために選手が何をすべきか教えられ、それを選手が理解している。その結果が順位に表れている。
それでも内容は後からついてきて来ている。

スポンサーリンク

広告

松本山雅とはリーグ順位、動員、試合内容全てにおいて差が生まれていた。

群馬1-3松本の敗戦

開始直後にサイドを破られ失点。
前がかりになりカウンターから失点。
最後はセットプレーから失点。

すべて違う形でのゴールで松本山雅の攻撃の豊富さ、ザスパの守備のもろさが露呈した敗戦だった。
松本山雅はすでに「どうJ1で生きていくか」というレベルになっている。
対するザスパクサツ群馬はJ3に降格することもなくJ1昇格も霞み、どうJ2で地位を確立するかでがいているかのようだ。

後半の金沢のゴールは意地の1発と信じたい。

守備から攻撃の速さを見せた山雅

大挙押し寄せた松本山雅サポーター

松本は前からの的確なプレスでザスパのボール回しをさせない。
特にサイドから横へのパスコースをブロック。
縦へのパスは出させるが後ろのディフェンスがこれをカットする形。コンパクトで距離感もいい。
これによってザスパ得意のボールを動かしながらの攻撃が防がれ、山雅の選手が待ち受ける前へ蹴るパスを選択せざるおえない状況に。
出させられたロングボールは守りやすい、実際にボールキープが得意なエデルでさえ前で受ける事ができずに苦しんだ。
青木孝太や宮崎など中盤の選手は前向きでボールを持てることはほとんどなかった。

違いを生み出したベテラン金沢浄

ベテラン金沢浄

焦りからパスミスが増えたDFラインをボランチが支えられればよかったがその力もなかった。
後半に入って金沢浄が交代で入り、ワンタッチでさばいてリズムを作り出したのは良かった。
このあたりはベテランらしい試合の流れを読む力が違った。
90分使えてないのが惜しい。
ゴールシーンでもペナまで入ってくるのはさすが。小柳のマイナスクロスも良かった。

後半の楽しみは平繁とカイケ

ザスパは平繁、カイケを投入してからが攻撃の幅が広がった。
平繁の攻撃時の動きの質はやはり他の選手にはない。
的確なポジショニングで山雅DFを翻弄、混乱から孝太、宮崎にスペースを与えてくれた。
彼らのコンビネーションは素晴らしかったが、フィニッシュの部分では自由にやらせてくれなかった。

カイケもドリブルから精度の高いパスを出すなどチャンスを作ったが、コンビネーションはまだまだ。
公式戦で意思の疎通を図るようでは通用しない。レギュラークラスと練習試合を増やしたい。

初めて見た群馬選抜との練習試合上武大学との練習試合と見てきましたが確実に良くなっているので楽しみです。

俺たちはこのままでは終わらない

6月のアルウインでのリーグ戦も1-3で敗戦だった訳ですが今回も同じスコア。
監督コメントも同じようなコメントと成長力でも山雅を上回れていないようです。
プレーオフ進出もJ3降格も現実的ではない中でモチベーションは勝ち進んだ天皇杯にあるという声もありますが、多数の山雅サポを黙らせるだけの意地は見せて欲しかった。
技術や戦術が無くても走りきる、ボールへの執着心でも負けていたのは残念だ。

勝つために何が必要か選手や監督は練習から作り出して欲しい。

新しいPVのような姿を見せて欲しい

俺たちは

このままでは

終われない

絶対に

群馬の誇りを胸に

巻き返しだ

群馬サポーターの反応

 


https://twitter.com/sfcy_893/status/506065209077690368

広告
広告

-
-,

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.