[群馬0-1湘南]首位ベルマーレに負けるも正スタは一体感に包まれた

更新日:

前節の大分トリニータ戦後、草津キャンプサポーターの処分決定などいろいろありましたがリーグ全体のちょうど折り返しの首位湘南ベルマーレ戦を観戦しました。
結果は0-1の敗戦。ただ負けたけれども得るものがあった充実した試合だった。

ザスパクサツ群馬VS湘南ベルマーレ

今シーズン1度しか負けてない湘南ベルマーレ。
前期の集大成そして負かして名をあげたいザスパクサツ群馬。

短い期間でしたがザスパ草津の聖地・草津町で温泉に浸かって英気を養いながらしっかりとした練習をつんできたという事で期待していたのですが、いきなりやられてしまいました。
気持ちまではそんなに簡単に鍛えられないですよね。本田圭祐じゃないけど「相手をリスペクトし過ぎ」でベルマーレの速い攻撃に引き気味になりあっさりウェリントンに先制ゴールを許す。
監督・コーチも鼓舞したと思うんだけど、自信の無さかな?

その後も出足の鋭いベルマーレの選手に苦しむも徐々に冷静さを取り戻すザスパ。
20分を過ぎたころからベルマーレの攻撃・守備の穴はだいぶ見えてきた。
という訳でベルマーレ対策講座です。

対ベルマーレ対策

守備は引きすぎるな

ベルマーレの戦略は全員攻撃・全員守備なんですが、攻撃の時3バック以外が前線に一気に押し上げてきます。
サイドにボールが出るとペナルティーエリアには4人とか入ってきます。
そんな時、ほとんどの対戦相手が怖くて下げさせられる訳なんです。実際ザスパも最初は両サイド・ボランチまでが最終ラインに吸収されていた。
これではボールを奪っても早い攻撃することができない。

ベルマーレの弱点
ところがです。写真のように後ろには広大なスペースがあるワケです。
ポツンと青木孝太が左サイドに残っていますが、その前線にはダニエルロビーニョとベルマーレの3バックがいます。
ボールを奪ってすぐに孝太に預けて、ロビーニョが3バックのサイドのスペースを使って受ける。またはロビーニョが勝負する。
ここにもうひとり加われば完璧なカウンターで3対3の局面が作れます。
ベルマーレの中盤はドリブラーが多く、引っ張られて下がりがちですが前目の選手はあえてついていかずに前に残りましょう。
この孝太の判断は正しく、ベルマーレの選手は戻るのに力を使います。

攻守の切り替えを早く

ベルマーレの強みはとんでもなく早い攻守の切替です。
3バックに勢いを止められると攻撃に参加していた選手が一気に戻ってきます。
上記のカウンターも無駄パスは1本もできないほど時間はありません。
リトリートした時は3トップはボールを前線から追いかけますが、ボランチと3バックはそれほど動きませんので1タッチのパスには弱く、裏のスペースには対応が遅い印象です。
前のプレッシャーはきついですがかいくぐればゴールは近い印象です。

1対1で負けない

守備時に前線に選手を残すという事は1対1で絶対に負けては行きません。
カバーリングはできませんので必ず一人で対処しなければなりません。

守備意識が低い

守備意識が低い

この写真はベルマーレのCKの場面。
ダニエルロビーニョが前線に残っているわけですが、ベルマーレの選手は一人だけしかついていません。
つまり一人抜けばあとはGKだけという事です。
これが毎回という訳ではないですが、ベルマーレの選手は攻撃好きで少し守備意識が低いチャンスがあります。

まとめ

以上が湘南ベルマーレ対策です。
次回湘南ベルマーレと対戦する時は勝てると期待しています。

決定力が順位の差

さて試合に戻ります。

後半はザスパは夛田に替えて乾を投入し守備を安定させて攻撃の人数をさくことに成功。
孝太・加藤が前目で残れることで速い攻撃が可能になっていきます。
さらに竜樹・永田といった裏にも飛び出せて運動量のある二人が攻撃に厚みを持たせていきます。
竜樹と永田は本当にスペースに飛び出していくのがうまいです。
ベルマーレの3バックは中には強いがサイドのスペースからの侵入はもろかったです。
竜樹のチャンス決めて欲しかったです。

後半はザスパの攻撃が中心で同点・逆転の可能性もありましたが結局決めきれず。
このあたりの差は順位の差がはっきりと出ました。

たくさんのベルマーレサポーター

お客さんも久しぶりに4000人近く入り、非常に盛り上がりました。
ゴール裏・バックスタンド・メインスタンドの一体感久しぶりでした。

ゴール裏であいさつする選手

 

天皇杯が間に入るのでJ2は一時中断です。天皇杯2回戦・栃木SC行こうかな

サポーターの反応


https://twitter.com/16thEri/status/485399715677093889

 

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.