天皇杯2回戦、ザスパクサツ群馬は松本山雅に3-4で敗退

更新日:

メリハリがなく数年ぶりに松本山雅のホームスタジアム「アルウィン」に遠征してきました。

前回行ったのは、まだザスパ草津だった頃のザスパホームゲームで、試合前に山雅のサポーターが告知活動か何かやっていたのを思い出しました。それから数年後に松本山雅のホームとしてやるわけですから素晴らしいです。5000人のほとんどが山雅サポーター完全アウェーです。

さて試合は来週に岐阜との大事な試合があるザスパクサツはターンオーバーで若手中心、平繁などレギュラーメンバーはサブにも入らない完全休養の形。山雅はも数人若手はいますがほぼレギュラーメンバー。ザスパは若手にチャンスが与えられたので奮起しものにしてもらいたかったです。またロビーニョとエデルの連携も楽しいです。

試合は山雅ペースかと思いきや、意外と五分。というか山雅が集中しきれないで試合に入る。なので何気なく入ったクロスに反応したのはザスパの方。ボランチに入った坂井洋平がファーに流れて先制。

これで目覚めたのかここから山雅ペース。中盤は支配されるも増田を中心に最後の所で体を張って守りますが、乾大知がPKを献上。同点とされます。たまたま先制し、守るシーンで耐え切れないのはゲームをコントロールしきれない感じは若手主体だけで言い訳できない内容。ボランチに入る櫻田和樹あたりがもう少しチームに方向性を与えて欲しかった。攻める・守るのメリハリがなく前半終了。

後半開始、増田繁人が有薗真吾と交代。たぶん怪我。足引きずってました。後にこの交代響いてきます。

後半の勢いは松本、中盤がボールを持つと流動的に動いてスペースを作り、そこに後ろから誰かが入ってくる、なかなか捕まえにくい攻撃に苦しみついにホドリゴ カベッサにゴールを許し失点。このままだと完全に松本山雅の勝利という試合でしたがちょっとしたことで流れがザスパクサツに。

ザスパのフリーキック時に小松がボール前に立ち遅延行為。2枚目のイエローで退場となります。1人少なくなった山雅は守りきる作戦に変更、ザスパはイケイケで攻撃に。両サイドで激しく攻撃を仕掛けますが、引いて守る山雅にはスペースがなくゴールまでは至らず。そこで野崎桂太を投入。前線にターゲットを増やすことでロビーニョのマークが甘くなりゴールが生まれる。

その後も押せ押せで攻撃しましたが、後半も終了。2-2で延長戦に突入。

延長前半、押せ押せのザスパクサツはすぐに野崎のゴールでリードします。山雅が一人少ないこともあり一気に2点リードに向けて攻撃を継続。山雅はフレッシュな選手を入れてカウンター狙い。ここでリスク管理が出来なかったのが痛かった。同点、逆転へと一気に山雅ペースに。

ザスパは完全に攻め疲れ。特に両サイドには反撃する足は残っていませんでした。前半に交代枠使ってなかったらここで夛田凌輔使えたのに。

5000人越えのアウェーであそこまで行きながら試合をコントロールできなかったことが残念です。後に監督も言ってましたが選手間でもう少しできれば良かったなと。出来なくても監督から言って欲しかったですが大歓声で聞こえなかったでしょうか。惜しかっただけに残念です。

若手で望み、ゲームをコントロールしきれず敗れたものの随所に成長を感じるプレーもあったので良い経験になったと思います。これを今後の残留争いに生かして欲しいです。そして来期の力になって欲しいです。来期と言えばそろそろ来期の契約のための査定も始まると思います。今日出られなかった選手や出ていた選手は厳しい位置にいると思うので今後の奮起に期待です。野崎は来年楽しみです。

広告
広告

-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.