岡庭裕貴プロ契約へ

ニュース

複数年契約希望!岡庭裕貴がアマチュア契約からプロ契約に変更

投稿日:

ザスパクサツ群馬所属の岡庭裕貴がプロ契約を結んだ。
2016シーズンの終わりに新加入としてザスパクサツ群馬と契約したが、アマチュア契約からのスタートだった。

岡庭裕貴プロ契約へ

実力で掴みとったプロ契約

2017シーズン開幕戦は、ベンチスタートで途中出場した。
新人としては上々のスタート。

第3節横浜FC戦ではチームの柱でもある松下裕樹からスタメンを奪った。

第4節町田ゼルビア戦では松下裕樹に再度スタメンを奪われたが、それでも第5節ファジアーノ岡山戦では再びスタメンに返り咲いた。
第8節の水戸ホーリーホック戦までスタメンとしてプレーした。

森下監督が可能性のある若手を偏重する監督だとしても、ザスパクサツ群馬のレジェンドの一人でもある松下裕樹とポジション争いを繰り広げる姿は新人だということを忘れさせる。

こうしてアマチュア契約からプロ契約へと変更となった。

岡庭裕貴はドリブルが持ち味の攻撃的な選手

岡庭裕貴のキャッチフレーズは「ピッチを切り裂く貴公子」です。
そのキャッチフレーズのとおり、独特のリズムで相手守備陣を切り裂くようなドリブルが持ち合い味です。
横川武蔵野FCの育成年代で培った攻撃的などドリブルはプロでも十分通用しています。
個人技術も高くペナルティエリア付近でのプレッシャーのかかるゾーンでも精度のあるパスを出せる選手です。

本来はサイドハーフやトップ下の方が良さを出せると思いますが、ボランチでも攻撃的なセンスは発揮されています。
守備や攻撃の組み立てという部分で少し足りない部分はありますが、経験を積めばまだまだ成長していくでしょう。

心配は契約期間

プロ契約となった岡庭裕貴は、ザスパクサツ群馬が2017シーズン中はプロテクト出来る選手となりました。
気になるのはその契約期間です。

2016シーズンに同じような経歴を歩んだ中村駿が半年契約という不可解な契約期間だったことを考えると心配です。
中村駿の場合、シーズンオフには移籍金0でモンテディオ山形に移籍する結果となりました。
本人が半年希望したという話もありますが。

複数年契約は会計上負担でもあり、弱小クラブには辛いところでもありますが可能性のある選手を簡単に移籍させる事だけは避けてもらいたいです。

何年契約なんだろ??3年くらいであってくれ!

https://twitter.com/kazu4485/status/858949553868881921

https://twitter.com/milo_9325/status/858949737801670656

 

広告
広告

-ニュース
-

Copyright© ザスパ LOVER , 2017 All Rights Reserved.